2018年スピリチュアル、自由人の時代が来る!!

公開日: 


13442504 - artistic grungy portrait of cool man with nice eyes

自由人とは、魂に足枷をかけていない人のことです。

精神に縛りがなく、毎日24時間を自由に生きています。

2018年から、自由人の時代が本格化する予感します。

また、既にその兆候があたり、魂の想いのまま生活する人も急激に増えています。

今後の展開が楽しみです。

生活費を稼ぐために、他人に雇われて働く時代も終わりですね(^^♪

スポンサーリンク

魂の足枷を外し、自由になる人が増えている

天皇の生前退位も正式に決まり、平成31年より5月より新年号となります。

年号が変われば時代は大きく変わります。

最も変わるのが、人々の意識であり、意識が変われば価値観が変わります。

それに伴い、来年から平成31年へ向けて、人々のライフスタイルも大きく変化していきます。

ライフスタイルの変化のポイントは【自由度】だと思います。

自由度というのは、魂の自由度のことです。

本来人間は、魂で想ったことは全て現実にすることができます。

想った通りに生きられるようになっています。

ところが、想った通りにならない場合が多々あります。

それは、人間には自我があり、その自我が魂に足枷を履かせているからです。

簡単に言えば、「自由がない」「想った通りにいかない」というのは、自らが魂に制限をかけて、可能を不可能にしている状態といえます。

社会が貴方に足枷を履かせているわけではないし、会社や家庭が貴方に足枷を履かせているわけではありません。

自分で自分に足枷を付けているのが現状です。

しかし、不自由を感じる時代は2017年でお終いです。

「自分で自分に足枷を付けている」ということに気付く人が増えて来ました。

そして、足枷を外す人が増えています。2018年以降、新時代へ向けて、さらに増えていくと思います。

貴方は想ったことだけをしていれば良いのですよ!!

魂の想いのまま生きていますか?

気の進まないことをしていませんか?

もし、不自由を感じているなら、今こそ足枷を外す時です。

足枷の外し方を紹介します。

貴方の魂に制限がかけているのは、貴方の起こす不安や欲心です。

不安や欲心が、魂の足枷となっています。

不安や欲心を起こさなければ、足枷は消えていきます。

そして、不安や欲心を起こすのは、貴方の持っている価値観が原因です。

例えば、「お金がなければ生きていけない」という価値観を持っていたとします。

その価値観は、お金を失う「不安」を呼びます。

そして、「不安」を解消するために、人に雇われて給料を貰って生活するという選択をします。

会社に勤めていて不自由というなら、この価値観を見直してください。

「他人に管理されたくない…」

「時間にも縛られるの嫌だ…」

と思っても、これは自らが雇われるという選択した結果です。

他人に強制されたわけではありません。

別に他人に雇われずに仕事をする道もありますが、不安解消を優先して、自らが雇われる選択をしました。

この場合、足枷を外すにはどうすれば良いかと言うと「お金がないと生きていけない」という価値観を書き換えることです。

仮に「好きなことをして他人の役に立っていれば、お金は入ってくる。」と価値観に書き換えたら、どうでしょうか?

心の底からそう思えれば、「不安」を起きません。

他人に雇われる選択をしません。

そして、地球では、自らの想念が反映されて現実となるので、その通りになります。

貴方の想いの通りに、好きなことを仕事とし、経済もまわるようになります。

価値観を書き換えた貴方は、魂の自由を1つ取り戻します。

価値観を変えれば現実が変わる!!

今、一例を挙げましたが、不自由の根本原因は自分にあります。

自分の価値観を改めることで、現実は変わってきます。そして、貴方が望む現実を引き寄せます。

「お金や時間に縛られずに自由に暮らしたい」と望めば、それを現実化します。

何をどう変えたら良いのか?

貴方は内観をして、自分の魂に足枷を掛けている価値観を見つけ、その価値観を希望に合ったものへ書き換えれば良いだけです。

一朝一夕には行きませんが、少しずつ自分の価値観を書き換えることで、ある日ガラッと価値観の総入れ替えが起こります。

これが自由人になる秘訣です。

2018年からは、自由人の時代へ入ります。

望まない現実を引き寄せる価値観は、早目に手放しましょう。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑