プレミア12、勝利の女神が微笑んだのは?日本か韓国か?結果は…

公開日: 

今日は世界野球プレミア21の準決勝です。日本は、宿敵韓国と対戦です。事実上決勝戦とも言われています。

東京ドームでプレイボール!!

試合開始です。日本の先発ピッチャーは大谷投手です。160kmのストレートを武器に韓国打線を抑えます。

途中までノーヒットピッチングです。7回を無失点に抑えました。

そして、8回は則本投手がマウンドに上がりなした。これまたナイスピッチングで0点に抑えます。

しかし、悪夢は9回に行きました。日本が3-0とリードして迎えた9回表、韓国打線が爆発しました。

審判のよく分からないジャッジもありましたが、連打を浴びて、一気に試合をひっくり返えされました。

8回まで韓国打線をピシャリと抑えていた投手陣が連打を浴びます。

韓国に4-3と試合ひっくり返えされ、9回裏は中田翔選手がヒットを放ったものの無得点で日本の負けです。

圧倒的に日本優勢で進んできた本大会、本試合でしたが、最後どんでん返しを喰らいました。

勝利の女神が微笑んだのは、韓国でした。

勝負事は難しいですね。下駄を履くまで分かりません。

途中までノーヒットピッチングの快投です。7回を無失点に抑えました。

そして、8回は則本投手がマウンドに上がりなした。これまたナイスピッチングで0点に抑えます。

しかし、悪夢は9回に行きました。日本が3-0とリードして迎えた9回表、韓国打線が爆発しました。

審判のよく分からないジャッジもありましたが、則本投手が連打を浴びます。

代わるピッチャーも打たれて、一気に試合をひっくり返えされました。

8回まで韓国打線をピシャリと抑えていた投手陣が連打を浴びます。

結果、韓国に4-3と試合ひっくり返えされました。9回裏は中田翔選手がヒットを放ったものの無得点で日本の負けです。

圧倒的に日本優勢で進んできた本大会、本試合でしたが、最後どんでん返しを喰らいました。

勝利の女神が微笑んだのは、韓国でした。

勝負事は難しいですね。下駄を履くまで分かりません。

侍ジャパンが負けて、テンション落ち気味ですが、なんだか貴重な体験をした感じです。

勝利の女神って、やはりいるんですね!その姿を見た気がしました。勝利の女神をほぼ得ました韓国にアッパレです(^ ^)

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑