洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

生きながら死に切るとか、金の斧を手に入れるとか、煩悩を捨てるとか

   

今朝、降りたメッセージは、

【生きながら死に切る】

です。

今日は13日の金曜日です。

世の中では不吉とされる日です。

僕は不吉には思っていなくて、

むしろ、ラッキーデーと思っています。

その13日の金曜日にピッタリのメッセージです。

生きながら死に切る、

そう思ってみると、

全てが要らないし、

人生に何も求めないし、

そこに残るものは、

本物の自分です。

魂の自分です。

そんな気分になりました~♪

13日の金曜日に乾杯~♪

スポンサーリンク

17時になりました。

8月13日金曜日、

17時になりました。

「最低限のことだけして、今日は何もしない…」

というスタンスで、

家の中で一人で時間を過ごしました。

昼にランチを食べに行きました。

「鰻が食べたい」と思い、その思いの通りにしました。

でも、

コロナ渦だし、

一人でグルメする気もなかったので、

近所の吉野家の鰻定食にしました。

1100円で済みました。

IMG_1595

その後は、

セブンイレブンに行き、

大好きなカフェラテを飲みました。

そして、家に帰り、

ソファーで横になっていると、

寝てしまいました。

つまり、昼寝をしました。

煩悩について考える。

ツイッターを見ていたら、

【煩悩】

という言葉が目に残りした。

煩悩とは物欲や性欲のことで、

悩みや苦しみの原因になる心のけがれとされています。

滝行や断食で煩悩を消すようなことができるようですが、

僕には無理ですね。

人間生きている限り、

煩悩は付き物と思っています。

物欲や性欲を捨てるようなことをしましたが、

煩悩はゼロにはなりません。

瞬間的にゼロにはなっても、

ゼロを維持出来ません。

なので、

煩悩と上手に付き合うことを大切にしています。

煩悩に溺れることなく、

煩悩の中を泳ぐ感じにしています。

宜しからぬ慾を捨てる

【生きながら死に切る】

【煩悩の中を泳ぐ】

とは似ているかもしれません。

洗心でいえば、

【宜しからぬ慾を捨てる】

ということです。

僕は洗心し、物欲や性欲を捨てるようにしています。

そういう生活をして結構時間が経ちます。

すると、

どうなったかというと、

大切な1つが残りました。

例えば、

絶対に欲しいものが3つあったとします。

物欲Aを捨て、

物欲Bを捨て、

物欲Cを捨てます。

「これいらないや~」

と1つ1つ捨てて行きます。

すると、

最後に残ったのは、

物欲Xでした。

それは、自分が本当に欲しかったものです。

物欲を色々と抱えている頃は見えませんでしたが、

全てを捨てると、

本物が見えて、

それが自分のものになります。

1847128

金の斧の童話に似ています。

正直なきこりは、

川の中に自分の斧を落としてしまいます。

ヘルメス神が現れ、

金の斧も銀の斧も違うというと、

最終的に、

金の斧、銀の斧、自分の斧の3つを手に入れます。

洗心という作業は、

正直なきこりのように、

本当の自分の思いでないものを捨てて行きます。

自我の宜しからぬ慾を捨てて行くということです。

そうすると、

最後には自分が本当に望むものが残ります。

僕はそんな体験を幾度もして来ました。

だから、

何か行き詰った時は、

「何を捨てるべきか」

と探します。

話を戻します。

今日一日、

余計なことはやめようと考え、

その通りにしました。

したことといえば、

吉野家のランチと

昼寝ですかね。

すると、

不思議です。

金の斧のお話みたいに

ヘルメス神が現れました(笑)

僕が欲しかった情報が1つ飛び込んで来ました。

8月13日金曜日の戯言でした。

では、では。

スポンサーリンク




 - my日記 ,