洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

金刀比羅宮(虎ノ門)ご利益、自分軸を太くすること【自分軸の作り方】

   


D0EE5799-26A3-4873-B261-ED53506D4C56

金刀比羅宮(虎ノ門)の参拝日記。

昨日は仕事で東京港区の虎ノ門へ行きました。

約束の時間は午前8時で、30分前に虎ノ門の現地近くに到着しました。

車を近くのコンビニでとめてコーヒーを買いました。土曜日で車通りが少ないので路側にとめてブレイクしていました。

そして、その近くにある金刀比羅宮を、ちょっとお参りをしました。

以前も何度か参拝した神社です。

都会のビルの谷間に、どんとした存在感を出している神社です。

祭神は、大物主神(オオモノヌシノカミ)です。

どんな神様かというと…、

大国主神と少名彦神が国造りの際、事を為す前に少名彦神が海の彼方の常世の国に渡ってしまい大国主神が嘆いていたところ、遠い沖合いから海原を照らして光り輝きながら近寄ってきた、その神様が大物主神です。

大和の三諸山(三輪山)にお祀りされた神様で、後に 和光同塵わこうどうじんの御神意をもって讃岐国の金刀比羅宮(本宮)に顕現されました。『日本書紀』では大国主神の異称として、『古事記』では大国主神の和魂にぎみたまとして記されています。

大物主神とは「大いなるモノ(神霊)」、すなわち「神々の中でも最も偉大なる力を持つ神」という意味の神名であり、海陸安穏・五穀豊穣・万民泰平、国や人々に平安をもたらしてくださる神様です。また、一説に運を掌る神とも伝承されております。

引用:金刀比羅宮HPより
http://www.kotohira.or.jp/history/history.html

スポンサーリンク

境内はこんな感じですね~。写メでご紹介します♪

43A5E8BD-0160-4E3C-8B76-51663BDCFB3D

鳥居です。

F506DE01-865E-4E43-BDCF-CFBC57D2B856

E6D2919B-1540-4527-9A20-F34BAFC3A9B8

F6AA65C8-2327-47FF-957C-1A7F6BA1BAA7

手水舎には「洗心」の文字が刻まれています。

8E096096-ACA9-4776-8D6C-0D03355A0CAA

B9EDAAA3-1DFC-4A6E-9230-3FFFAE172956

1ABF6256-8834-46C2-8358-0E40E5E27456

87142313-351A-447F-B42E-19E8FE70565B

本殿です。

AEA511D0-209C-405C-81EA-668A85B871A1

E78E9056-05A4-4965-B7EF-31BD1E90D6F8

C6F932E0-AF33-4E3F-AD63-5EF595BA2C73

272212B2-A6EF-4E30-A65E-AE19D8C83671

32FC2930-B2F9-4860-893E-788F8B893449

B3EC2482-ECB5-4186-B773-A81FAFAA10D8

参拝はこんな感じでした~。

本殿の前に立ち、合掌をしました。

すると、車を路駐した方から、大きな音と人の声がします。

(土曜の朝で道路は空いていたので、ちょっとだけ路駐しました。都内は駐禁が厳しく、3分で違反切符を切られたことがあります。)

車を放置して来たので(すみません)、何かあったのか、その音と人の声が気になりました。

すると、社殿の方から「自分軸を強く持ちなさい!」という波動が飛んで来ました。

意識を社殿の中央に戻すと、しばし無心になりました。

白く澄んでいて大きなエネルギーが身体に入って来ました。

「俺って、動揺すること多いよな~。もっと、太い自分軸を持とう!!」

素直にそう思いました。

自分軸は作って来たし、少し自信もありましたが、まだまだですね。

「有難うございました。」と言って、参拝を終えて、境内をまわって急いで車へ戻りました。

自分軸の作り方

自分軸の作り方のまとめです。

【自分軸の作り方、5つポイント】

1.宜しからぬ慾や不安を捨てて、本当の自分の想いを知ること

2.本当の自分の想いを知ったら、その思いをしっかりと言動に移すこと

3.自分の中心(背骨にそって)太い光の柱が立っているのをイメージすること

4.天から自分の光の柱にエネルギーが注がれているのをイメージすること

5.自分を強く持つことを常に心掛けること

以上、

自分軸、大切ですよね。

「自分軸が分からない」という方もいらっしゃいますが、もっとイージーに考えれば良いと思います。

「自分は何を感じていて、どうしたいのか?」

これを自分の中に探ると良いですね。

自分が本当にしたいことをするだけです。

あとは、他人に左右されないことです。

「こんなことを言ったら、変に思われる…」

「まわりに良く思われたい…」

などの邪心が湧いたら捨てることです。

他人の目を気にしたり、世間体を考えたら、自分軸は崩れます。

それと、「自分軸で生きるとわがままになる」という人がいたら、はっきり言って、自分軸が間違っています。

自分軸とは自我の自分ではなく、真我(自分の本体、ハイヤーセルフ)の方の自分の想いです。

なので、欲望や不安を捨ててください。捨てることで、本当の自分が見えて来ます。

自分軸を別の言い方でいえば、他人に左右されないということですね。

【自分を強く持って自分を生きる】

これでいいんでよ、

それは真我で生きる姿であり、あるがままの自分の姿です。

あるがままで生きる姿は最強です。

それに生きやすいですよ。

【自分軸】

これ太くして行きたいですね。

金刀比羅宮の大物主神とお話してそう思いました。

▼金刀比羅宮
東京都港区虎ノ門一丁目二番七号

(東京メトロ銀座線)
『虎ノ門駅』
2番出口より徒歩1分

(東京メトロ丸ノ内線/千代田線/日比谷線)
『霞ケ関駅』
A13番出口より徒歩5分

▼金刀比羅宮へのアクセスの詳細はこちらを参照ください。
http://www.kotohira.or.jp/access/access.html

金刀比羅宮のご利益は、【太い自分軸】でした。大国主神は太く強い波動を持ったお方でした。金刀比羅宮は、何事にも動じない自分を作りたい方へおススメの神社です。(^^♪

スポンサーリンク




 - 聖地巡り&神社巡り