鬱病になる方法、ある事を3か月続けると鬱になる。ある事とは?

公開日: 

今回は鬱病の話題です。

鬱病になる方法を紹介します。

「えっ、鬱病にならない方法じゃないの?」と聞き返されそうですが、鬱病になる方法です。

アメリカの大学で心理学を研究していた某先生の話です。

この先生、「鬱になったこともない私が鬱の人の気持ちがわかるわけがない」と考え、必死に鬱になる方法を模索したそうです。

結果、見事に鬱病になる方法を発見しました。

あることを3か月続けると、どんな人でも間違いなく鬱になることを付きとめました。

その方法とは何か?

「1日1000回ため息をつくこと」

です。

3か月間、1日1000回のため息を続けると、だれもが鬱状態になるそうです。

この先生も見事に鬱になりました。

そして、鬱になり学会にも、授業にも出席しなくなりました。

心配した生徒たちが、先生を訪ねてみると、先生はこういったそうです。

「学会なんて出席したところで意味がないだろ…」

完全に鬱状態です。

しかし、この先生は生徒たちのお陰で鬱状態から抜け出すことができました。

そして、鬱が治っていく過程を記録し博士号を取得したそうです。

この先生が鬱を治した方法は、ズバリ、

「笑うこと」

でした。

鬱を治したければ、鬱になる方法の逆をやればいいんです。

笑えばいいんです。

幸せだから笑っているのではありません。

笑っているから幸せになるんですよ。

となれば、笑うしかないですよ。

最悪の状態であれば、「最悪~」とボヤかずに「快楽♪」と言葉にしましょう。

ボヤきたくなったら、笑顔です。

誰かと目線があったら、笑顔です。

今日も口角を上げて笑って行きましょう(^^♪

これ幸せに生きる秘訣です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑