布団に入ってもなかなか眠れない人に共通することとは?

公開日: 

a0002_009330

今日も「睡眠の質を上げる秘訣」を1つ紹介します。

僕は最近、睡眠の質にこだわっています。この年齢になり今更なのですが、逆にいうと、この年齢になったからこそ、睡眠に拘るのかも知れません。

若い頃は「いくらでも時間がある…」という意識がどこかにありました。まあ、無理をすれば睡眠不足でもなんとかなりましたしね…。

しかし、それだと40代くらいからきつくなります。体の重さに左右されて、いつの間にかに活動効率が落ちています。

「これじゃ、いかん!!」と思い、今、あれこれやっているわけです。

スポンサーリンク

睡眠を良くする秘訣の1つが「寝室を寝る場所」と体に思い込ませることです。

布団に入ってもなかなか眠れない人がいます。僕もその一人でした。

そういう人に限って、布団(ベット)の上で、テレビを見たり、お菓子を食べたり、携帯電話をいじったりしてダラダラと過ごしています。

寝床でダラダラ過ごす習慣があると、体がダラダラ過ごす場所と意識付けられてしまいます。

「パブロフの犬」という有名な話があります。犬にエサをあげる時にベルを鳴らし続けると、いつの間にかに犬は、ベルの音を聞くだけでヨダレを垂らすようになります。これ条件反射です。

睡眠を良くするなら、この条件反射を上手に利用し、寝室は寝る場所だとしっかりとイメージ付けすることです。

寝室で余計な事をしないように、テレビ、携帯電話、食べ物を持ち込まないことです。

寝室以外に部屋があるなら、普段生活する場と寝質をきちんと区別することです。

僕はこれで睡眠の質が高まりました。

意識付けって大事ですよね。

もし、ワンルームなど暮らしているなら、寝る時以外は布団を畳んでおき、ベットならベットカバーをかけておくなどして、寝室の区別を意識的に分けておくことです。

これだけで眠りの深さがかなり違います。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑