超♪簡単な眠気を覚ます方法を教えます。ガムを噛むよりも効果的!!

公開日: 

a0002_005910
どうしても眠い時には、無理をせずに1分間だけ目を閉じる「1分間仮眠法」が効果的です。簡単に実践でき一番効果が高い眠気覚ましだと思います。

ガムを噛んだり、ツボを押すより、正しい姿勢でリラックスし、1分間目を閉じることです。

スポンサーリンク

仕事中、車の運転中、授業中など強い眠気を感じたら…

仕事中、車の運転中、会社の会議、授業中、食後など、どうしても眠い時って結構ありますよね。

そんな時どうしますか?

伸びをする、耳を引っ張る、眠気覚ましのガム、ツボを押す、楽しいことを考えるを噛むなど色々と対策があります。

しかし、眠気は簡単に去って行ってくれません。

何をやっても眠けがなくならない時は、寝るに限りますよ。

これ以上の眠気対策はありません。

そこでおススメなのが1分間仮眠法です。

あまりにも眠い時に、知らず知らずに目をつむってしまった経験はありませんか?

時間にして数秒、長くて10秒程です。

実は、人間は短時間の仮眠でも脳をクールダウンさせ、睡眠物質を除去することができます。

目から入ってくる視覚情報は脳にとり大きな負担です。1分間目をつむることで、強烈な眠気に襲われていた人でも、眠気をコントロールできるようになります。

1分間仮眠法は、どこでもでき、眠気覚ましの効果は絶大です。やり方は簡単です。ポイントを紹介します。

1分間仮眠法の実践とポイント

■1分間仮眠法の実践とポイント

・イスに深く腰掛け、全身の力を抜きます

・軽く目を閉じ、外からの情報を遮断します

・「脳を休ませる」という意識で行います

・強い睡魔に襲われる前に早めに実践する

・生活の中でこまめに行います

以上

1分間仮眠法を実践すると、たった1分間でも眠けが去り、脳も回復します。座っている暇のない方、混雑している電車の中で、立ったまま1分間目を閉じるだけでも効果を感じると思います。

視覚情報を遮断するだけで、脳が疲労回復モードに切り替わり、眠気が去って行きます。1分間仮眠後は、頭がすっきりして作業が捗ります。

それに1分間仮眠法、昼寝のように寝過ぎにならず、夜の睡眠への影響もありません。かえって、夜の熟睡にもつながります。

まとめ、眠気は無理に我慢をするのではなく、眠気の先取りをすることです。自分の意識で積極的に脳を休ませましょう(^^♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑