洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

魂の波動を使って現実を動かして行く、仕事も恋愛も思いのまま

   


2473904_s

【魂の波動を使って現実を動かして行く】

これが俺の得意技だ。

現実を通して、スピリチュアルを学んでいるので、これが出来る。

今、現実の中の1つの山を動かしている。

これが楽しい。

時には失敗して泣きそうになりながら、時には上手く行って笑いながら、1つの山を動かしている。

そこには魂の充実感がある。

現実を動かすので、現実の中にしっかりと結果が残る。

果実が実るし、稲穂が実るということだ。

俺は、仕事も恋愛も人間関係も、すべて現実の中で生きて来た。

現実を通して、スピリチュアルを学び、魂磨きをしながら現実を動かして来た。

現実と向かい合い、自分にとり都合の悪い現実があっても、そこから逃げずに、それを乗り越えて来た。

それが洗心という道だが、その道を選んで来た。

スピリチュアルを学ぶということは、現実を豊かにするということだ。

今は洗心をして来て、本当に良かったと思っている。

幸福感と充実感に包まれている。

スポンサーリンク

1675108_s

スピリチュアルを学ぶ人は、幸せになりたいと強く思っている。

願望実現を願っている。

しかし、幸せも願望実現も現実の中にしかないのに、なぜか、スピリチュアルを学ぶと、現実から離れて行く。

現実が上手く行っていない人は、浮いたスピリチュアル知識を語り、神学論争をしながら、現実逃避して行く。

理想とは違う現実を受け入れることが出来ず、現実と向かい合うことが出来ず、そして、他の場所に自分の居場所を求めたり、現実以外にユートピアを探す。

スピリチュアルは現実を豊かにするものなのに、どこか、おかしくないか?

リンゴを食べたければ、スーパーやフルーツショップへ行き、お金を出して買えば良い。

リンゴを買えば、それは自分のものだし、買ったリンゴをがぶりとかじれば良い。

これが現実を動かすということだと思う。

だか、

なぜか、

スピリチュアルを学び上手く行っていない人は、これをしない。

リンゴを食べたいと思っても、購入する行動に出ずに、占い師のところへ足を向ける。

そして、「私はリンゴを食べたいのですが、食べられません。運勢を占ってください。」とたずねる。

チャネラーへお伺いする人もいる。

「私はリンゴを食べたいのですが、食べられません。神様にお伺いをしてください。何か憑依していませんか?」とたずねる。

ヒーラーへ足を向ける人もいる。

「リンゴを食べられない私をどうぞ癒してください。」と頼む。

また、リンゴを食べるために聖地巡礼を重ねる人もいる。

「リンゴを食べられないような世の中が悪い。その世の中を変えるには聖地を巡りし、聖地を浄化するしかない。」といった感じだ。

意味不明だ。

聖地を浄化すれば、リンゴが食べられるとでも考えているのだろうか?

ここまでくれば、まさに、うましかさんだ。

貴方は貴方の現実を生きている。

貴方が変えられるものは現実の中の貴方だけだ。

それを変えずして、何を変える。

受験勉強に例えてみよう。

「志望校へ入学したい」と思ったら、勉強するしかない。

受験勉強の計画を練り、効率を考え、コツコツと毎日勉強を重ねるしかない。

遊びへ行きたいという誘惑が襲ってきたら、その誘惑を断ち切るしかない。

合格祈願へ100回行っても、占い師のところへ行っても、聖地浄化をしても、志望校には合格しない。

ましてや、受験勉強もせずに志望校に合格するようなユートピア的な世界も存在しない。

当たり前のことだが、こういった無意味なことをやっている人が多いと思う。

ツインレイ思考などまさにそうだ。

自分で愛を感じられない人が、愛を求めて、仮想のユートピアの世界へ走る。

そこに愛があるわけがない。

究極の現実逃避だ。

貴方はシンデレラではないし、王子様が貴方を迎えに来ることもない。

貴方が貴方の中に抱える空虚感は、貴方が現実を生きることでしか満たせない。

ユートピアは貴方の現実の中にある。貴方が直面する現実を動かすしかない。

それなのに、一向にそこに着手しない。

魂の波動を使って現実を動かして行くにはどうしたら良いのか?

魂の波動を使って現実を動かして行くにはどうしたら良いのか?

それは洗心することだ。

まず、洗心の文言を頭に入れることだ。

洗心の文言には「常の心」と「御法度の心」ある。

■洗心■

(常の心)

強く、正しく、明るく、我を折り、宜しからぬ慾を捨て、皆仲良く相和して、感謝の生活をなせ

(御法度の心)

憎しみ、嫉み、猜み、羨み、呪い、怒り、不平、不満、疑い、迷い、心配心、咎めの心、いらいらする心、せかせかする心

洗心とは?四句御箴言とは?洗心のやり方を紹介します。

洗心の文言を覚えたら、

現実の生活を通し、

常の心でいることを心掛ける。

御法度の心を起こしたら、反省し、自分を改める。

これだけだ。

例えば、

辛い恋愛という現実があるとする。

愛されていないし、相手から連絡もない。

スピリチュアル思考の方は、占い師のところへ行き、「私の恋愛はどうなりますか?相手の気持ちは?私はどうすれば良いのでしょうか?」と尋ねることをしがちだ。

まさに、弱い自分である。

洗心の文言で真っ先に出て来るのが「強く」である。

そんな場面こそ、強くあるべきだ。

「弱い自分を捨てて、自分のことくらい、自分で考えて、自分で行動しろ!!」ということだ。

第一、相手の気持ちを知って行くのが恋愛のはずだ。

相手を知り、自分を知って貰うことで二人の関係が深まり、それが絆に変わって行く。

それが恋愛だ。

それにはコミュニケーションを重ねて行くしかない。

できる範囲から行動へ移して行くしかないね。

まずは、1個のリンゴを買いに行くということだ。

その1個を買わずに、リンゴを持っていない自分に悩んでも何も変わらない。

もし、コミュケーションが取れなければ、それは霊的な話ではなくて、三次元(現実次元)のお話だ。

貴方のコミュニケーションスキルが低いだけだ。

世の中は便利に出来ていて、コミュニケーションのやり方を教えてくれるスクールがある。無料で聴けるYouTubeもある。

そういったところで1から学ぶしかない。

コミュニケーションを学び、それを実践することで、貴方の三次元的な能力は高まるし、魂の波動も高まって行く。

そうやって、弱い自分と向かい合い、時には泣きながら、時には笑いながら、自分を高めて行くことだ。

それが洗心であり、自分の理想を現実化する道である。

一足飛びに理想が叶うことはない、1つ1つ自分を磨いていくことだ。

3353681_s

宇宙や神様は、現実の中で生きている人間が好きである。

そして、現実の中で自分を磨いている人間が好きである。

洗心をしながら、一生懸命に現実を生きていると、とにかく宇宙や神様に好かれる。

そして、ある時、神様から無言の言葉を投げかけられたりもする。

俺もそんな経験をした。

試練に立ち向かって頑張っていると、

神様が、

「どうだ?大丈夫か?」

と話しかけて来た。

そして、温かく強烈な光に包まれた。

そんな時の自分は何も言えない。

以前の弱い自分だったら、「神様、助けてください!」とか叫んだかもしれないが、強さの大切さを知った自分は何も言えなかった。

本当は沢山話したいのに、言葉が出ない。

あれもこれも聞いてみたいのに、言葉が出ない。

自分の辛さを分かって貰いたかったのに、言葉が出ない。

やっとの思いで絞り出した言葉は、

「大丈夫です。」

だった。

それを聞いた神様は、その場から去って行った。

その後は、不思議と心が晴れた。

そして、ある時、気付いた。

その神様がどこにいるのかが分かった。

自らの内にいた。

そして、一時も自分から離れず、自分を思ってくれていた。

それは愛そのものであった。

俺は生きるのが怖くななった。

試練と遭遇しても、立ち向かう勇気が湧いて来た。

失敗しても「次こそ!!」と思えるようになる。

そして、リンゴを1個買いに行く日が続いた。

今も毎日リンゴを買いにいっている。

そして、買ったリンゴをがぶりとかじる。

美味しさを体感することで幸福感に満たされる。

「毎日リンゴを1個買いに行く」

それが、魂の波動を使って現実を動かして行くということであり、スピリチュアルを学ぶ上で、絶対に外してはいけない最も重要なことだと思う。

今日思ったことを、そのまま書いてみた。

◎関連記事◎

同志よ!パラレルワールドを生きろ!真の幸福はそこにある!

現実を動かす秘訣を書いています。

合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク




 - スピリチュアル , ,