洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

2020年6月アセンション、コロナを半分越え、何を想い?何を考えるのか?

   


3516691_s

『これが高次元波動域かーー!!』

昨日、

まさに、

そんな体験をした。

龍宮城の波動域に入った。

想念だけでなら(魂レベルで)、

その波動に入ることは良くあった。

「ちょっと難しい…」

という方もいるかもしれないので、

簡単に補足する。

夢(睡眠中)を考えて貰えばいい。

誰もが不思議で心地良い夢を見たことがあると思う。

この世とは別格の癒しの空間とか、豊かさの空間へ行って、心地良い気分で目が覚めた経験はないか?

そりゃ悪い夢だって沢山見るけど、良い夢だって見ているはずだ。

思い浮かべてほしいのは、

「起きたくない」と思える心地良い夢だ。

龍宮城にいるような心地良い夢を思って頂きたい。

スポンサーリンク

昨日は龍宮城の波動域に入った。

しかし、

夢の中のお話ではない。

肉体を持って、

覚醒状態で、

龍宮城の波動域へ入った。

とても不思議で、

心地良くて、

至福の時間が流れた。

そんな体験をして、

強く思うことがある。

というか、

改めて悟った。

それは、

自分に起きている全てのことは、

必然であり、

魂の波動レベルを高めるために起きているということだ。

すなわち、龍宮城への招待状は、自分に起きている出来事の中に隠されている。

起きている出来事を通し、魂の波動を高めることで、龍宮城へ行けるということだ。

地球という現実(3次元)の中に肉体を持って生まれて来ると、人間は自らの欲望を追いかける。

欲望というと汚く聞こえるのなら、夢と言おう。

ほぼ全員がこの世に生まれると夢を抱き、夢の実現を願う。

そして、夢を追いかける。

これはこれで良いことだ。

何も追いかけなくなれば、廃人みたいなものだ。

そこに高波動の何かはない。

ただし、

ここからが重要だ。

夢を追いかけた結果、

夢が叶う者も入れば、

夢破れる者もいる。

しかし、

それは3次元のお話であり、

魂が存在している高次元では、

全く意味のないことだ。

もう一度いう、

夢が叶うか、

夢が破れるか

それは高次元では意味のないことだ。

高次元的な価値とは、

夢を追う過程で、

何を考え、

何を選択し、

どんな創造(工夫)をしたか?

ということだ。

自分に起こる全ての出来事を受け止めて、

誰かに依存することなく、

夢へ向かって歩けたか?

そこがポイントなわけだ。

夢へ向うプロセスが宇宙創造主の意志と合えば、魂の波動レベルは上昇していく。

その逆の方向性なら、魂は汚れて行く。

そして、魂の波動レベルが高まれば、その波動レベルに合った領域へ移動する。

魂の波動を高めていけば、夢の実現とは無関係に、肉体を持ったまま高次元領域を体験することになる。

そこは癒しと豊かさがあり、至福を体験する。


巷のSNSを見ていると、「私はアンションを済ませました。高次元を体験しました。」などと言っている人がいる。

これは俺の見解だけど、そう書いている多くの人が勘違いをしていると思う。

俺、書いてある文章やその人との会話から色々なモノが見える。

その上で思うことががある。

そういう人のいう高次元と、俺の体験している高次元は違う。

例えば、麒麟(キリン)という動物を知らないとする。

なので、動物園で麒麟を見たという人の話を聞いてみる。

俺は「麒麟はどんな動物ですか?」と聞く。

すると、

その人はいう、

「体が小さくて、羽があって、木の枝にとまっていて、ホーホケキョーと鳴く」という。

ホーホケキョー?

おいおい、それはウグイスだろう!!

麒麟じゃなくてウグイスだよ。

俺に言わせれば、

良く見かける高次元を語る人の波動と、俺の体験した高次元の波動はこれくらい違う。

知らない人から見れば、同じことが書かれているような文章でも、その文章が放つ波動を見れば、自ずと正邪の区別も付く。

ともあれ、

昨日は、

龍宮城の波動をもろに体験した。

高次元領域の癒しと豊かさを味わった。

貴重な体験だった。

現実の中で、お金を求め、権力を求め、愛を求め、何かを求めて、夢の実現に執着しているうちは、絶対に届かない領域だ。

俺もただの人間だ。

宇宙から見れば鼻糞みたいなものかも知れない。

自分の心の針先が欲望へ向くこともある。

しかし、抱いたものが欲望と気付いた時は、宜しからぬ慾を捨て、洗心し、魂の想いへフォーカスして軌道修正をして来た。

その結果、肉体を持って高次元へ行くことを知った。

幸せとは、何かを求めた先にあるのではない。

何かを求める過程にある。

もし、夢を抱いたら、

その夢をいったん捨てることだ。

夢を追うのをやめてみる。

そして、立ち止まって、自らの内側を良く見てみることだ。

そうすることの意味が分かった時、貴方は新しい何かを見つける。

高次元の波動域を見つけることだろう。

自らの内側にキラキラを輝く、ダイヤモンドのような永遠の輝きを見つける。

これからは高次元の波動域と現実を、徐々にシンクロさせて行こうと思う。

高次元と現実を重ねていくと言うことだ。

癒しと豊かさの波動域と現実を重ねて行く。

肉体があるがゆえにできる、高難度のウルトラDだ。

これが完全に重なると、弥勒の世と言うことなのだろう。

そこに桃源郷が広がる。

まとめ、

現実(3次元)の夢へ向かうことは良いことだ。

大切なのは、夢の実現ではなく、その過程にいる自分の内側だよ。

自我を折り、

内なる魂の想いを最優先して、

現実の中で、

何を考え、

何を選択し、

どんな工夫をして行くか?

そこに人間が生きる価値がある。

真の癒しと豊かさは、その先にある。

◎まとめ記事◎
2020年アセンション記事のまとめ。世界激変、地球に何が起きている?
世界激変する中、偽スピリチュアル情報を見抜き、真実の世界を知る。

スポンサーリンク




 - アセンション ,