洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

理想を追い、理想を捨てて、悟りが開く。金の器を手にする。

   


d299ab25ad4d5845274ea33eb977ef21_s

理想を追ってみる。

一方で理想を追うのをやめる。

願望実現へ向かい進む。

一方で願望を捨ててみる。

何かを求めて進む。

真っ白く輝く何かを求めて進む。

一方で何も求めず、ただここにいる。

人生は不思議だ。

何かを求めて、あちこちに金の器を探しに出かけるが、金の器は足元にある。

そのことに気付く時、己が魂の存在であり、今ここに在ることを悟る。

ここはいったいどういう世界だ。

さらには、清いものだけでなく、汚いものもある。

どちらか一方でなく、両方で1つになっている。

怒りと憎しみは必要だったんだ。

それが良く分かる。

そして、怒りや憎しみも大切にしてみる。

すると、怒りと憎しみが己の在り方を教えてくれた。

金の器の波動と己の波動のズレが、怒りや憎しみとしてあらわれていた。

なーーんだ。

そういうこと!!

怒りや憎しみを越えることで、己は金の器となった。

次は欲望かーー。

これも必要だったんだね。

欲望があったから時代が動いたんだよ。

地球を進化させる原動力なのかもしれない。

しかし、地球を進化させる原動力は諸刃の刀であり、地球を破壊する。

地球はパラドックスな世界のようだ。

パラドックス?

矛盾だねー。

人間は金の器を求めるべきだが、金の器を求めているうちは、金の器を手にすることはない。

全て揃っている世界は、全てを手放した向こう側に存在するということだ。

矛盾だねー。

つまるところ、矛盾を解消するには、どうすれば良いのか?

まずは手放してみることだ。

すると、心に感じるものがある。

「これだ!」と思うだろう。

そうしたら、脳と体をフル回転させて、全身全霊でそれを追いかけることだ。

すると不思議とどこかで行き詰まる。

そして、怒りや憎しみを覚える奴が現れて、行先を塞ぐ。

それでいいんだよ。

スムーズに行ったら面白くない。

波乱万丈の人生の方が面白いに決まっている。

人生を面白くするなら、怒り憎しみを楽しむことだ。

怒りの感情って、こんなかよ。

憎しみの感情って、こんなかよ。

楽しんでいると、そいつらは徐々にエネルギーを失い消えて行く。

怒りと憎しみの感情に振り回される人は、火に油を注いでいるんだよ。

消化したいなら、水をかけなきゃ!

怒りや憎しみという人生のオプションサービスの体験が終わると、人はそのまま中道に入って行く。

中道というのは悟りの道のこと。

この中道は意外に簡単に入れる。

悟り開くために厳しい修行をしたのは昔のことだ。

今や近くのコンビニに行って、サンドイッチと飲み物を買うような感覚で、悟りの道へ入れる。

しかし、ただ1つ求められることがある。

それはお金、性、名誉、権力、愛などへの執着心を手放すことだ。

手放せば誰でも中道に入れる。

中道に入ったら、ボチボチと歩きながら、とにかく真っ直ぐに進む。

しばらく行くと、人は徐々に金色に輝き始める。

黄金の綺麗な波動に包まれる。

金の器だ。

さあ、これを持って戻るとするか!

スポンサーリンク




 - my日記