洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

人生は余分なものを手放す学びかもよ?ただそれだけのこと!!

      2019/07/27


c16d72792ae750426e2dbe2a35b71d4e_s

人生は余分なモノを手放す学びかもよ?

この世に生まれた時は裸一貫だよ。
でも、何もないわけではない。
最低限、母親との縁がある。
その後、空気を吸い、泣き声をあげ、服を着て、人生をスタートさせる。
そして、色々なものを獲得する。
道中、獲得したり、手放したり…
そんな感じで人生という名の山を登る。

登山家が「目の前に山があるから登るんだ」というが、まさにそんな感じで色々な山に登る。
ある時気付く。
登山の意味を。
人生という名の登山とは、手放す学びだったと気付く。
登山を体験すると「これはいらなかった」というものに気付く。そして、手放す。
登山を体験する度に、自分で意識しているかは別にして何かを手放す。
手放す度に人間の器が広がり、魂の波動が高まる。

ある時思った。
「登山する前に、手放せば、登山する必要はないの?」
実際に試してみた。
どうやら必要はないようだ。

人生は手放す旅で、1つ1つ手放して行くと最後はほぼ何もなくなる。
遺骨と灰が残る。
魂は肉体から抜け出し、手放した分だけ波動を高め宇宙へと還っていく。
想定以上に波動を高めた魂は超満足そうだ。
幸福感と充実感に満ち溢れている。

死を迎える前に、そこが分かってしまうと、もう何も追わなくなる。
追わず手放すことばかりを考えるようになる。
そして、現実を魂で生きるようになる。
我々は魂の存在だった。
素晴らしい存在だった。
そして今、現実次元の中で、魂として生きる選択をした。
この先にあるものは何か?
悟りの世界?
いやいや、そんなちゃちなものではない。
悟りを超えた宇宙の大パラダイスが地球に広がっている。
だた体験すればいい、そして、手放せばいい。
余分なものを手放すという人生の学びを体験すればいい。
ただ、それだけだ。

▼関連記事▼
ぜひ、こちらも合わせてお読みください!
「もう一人の自分」を信じ切って生きている夏
もう一人の自分を生きていると、世の中から聞こえてくる雑音が消え、迷いも不安も不思議と消える。

スポンサーリンク




 - my日記