前世療法の体験談、権力者に妻と娘が…強烈な憎しみの原因だった

公開日: 

【前世療法の体験談】自分の前世の記憶が1つ蘇りました。背景は戦国時代です。権力者の使者が来て、妻と娘の命を奪っていきました。それが原因で、現世でも強い憎しみを抱えていました。

スポンサーリンク

自分の前世の記憶の1つ蘇りました

僕の中には強烈な憎しみの波動があります。普段は顔を出しませんが、稀に表面に出てきます。

昨日、お風呂に入っていると、突然、強烈な憎しみの波動が湧いて来ました。「良いチャンスだ。向かい合って見よう。」と思い、正座をし合掌しました。そして、瞑想状態へ入りました。

すると、目の前に映像が流れました。

あまり鮮明ではありませんでしたが、戦国時代のような背景です。木造の小屋のような中に妻と娘と一緒にいます。

幸せに暮らしているのかと思いきや、そうではありません。権力者の使者が侵入して来て、不条理に妻と娘の命を奪います。

僕はある事を知り、その情報を世の中にに広めることを考えていました。その情報が広まれば人々は新しい意識に芽生え、自分の力で豊か暮らせるようになります。

しかし、それでは権力者には都合が悪いようです。自分を支持してくれる部下がいなくなってしまうからです。だから、僕へ使者を送ったということです。

何の罪もない妻と娘の命を奪われたことで、僕は腸わたが煮えくり返ります。強烈な憎しみを感じています。

この強烈な憎しみが、僕の魂の中に閉じ込めらたまま輪廻転生を繰り返しています。僕の中で解決されずに眠っています。

現世でも不条理な場面と遭遇すると、この前世の思いが湧き上がって来ます。これが原因で強烈は憎しみを感じていました。

カルマ解消でステップアップする

この強烈な憎しみの波動を解消する時が来たようです。

この世で起きることは、全て因果応報です。他人の責任にしていては何も始めりません。内観をし、自分の中に憎しみを起こしている真の原因を探る以外に方法はありません。

権力者に不条理なことされたのが事実だとしても、自分の中にその出来事を起こした原因があります。

それを乗り越えてこそ、カルマ(業)を解消し成長することできます。この強烈な憎しみの波動を向かい合ってみることにしました。

催眠療法でその感情を体験し、さらには、原因を腑に落とすことで、抱えているカルマが解消できます。大きなカルマを1つ解消するタイミングが来たようです。別途、ブログ内で成果を紹介します。

※僕の場合、セラピストに催眠をかけて貰うスタイルのではありません。自分で瞑想状態に入ります。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑