SMAP解散の真意は?想いの違う人と一緒にいれない時代が来たか?

公開日: 

SMAPが12月31日で解散することになりました。

非常に残念ですが、しかし、仕方ないことだと思います。

グループ結成から28年間も活動を続けたことの方を評価したですね。

SMAP解散で想うことがあります。

SMAP解散の真意は知りませんが、きっと5人の目指すゴールが違うからだと思います。

心が1つにならなくなったということだと思います。

日本から海外旅行へ行くことに例えれば、アメリカ、イギリス、フランス、中国、韓国と向かう先が違う人間は同じ飛行機には乗れません。

そういうことだと推測します。

「何かの利害関係のために、違うゴールへ向かう人間が一緒にいることが無理な時代が来る」ということの象徴の気がします。

そういう時代が本格化しますね。

会社、団体、夫婦、恋愛、友達、趣味のサークルなど、当事者の色々な考えや価値観があっていいと思います。

それがないとお互いに切磋琢磨できません。しかし、これからは向かうゴールが違うと一緒にいれません。

同じゴールへ向かう(同じ想いを持った)者同士がパートナーを組む時代になりそうです。ここがポイントの気がします。

無理をして一緒にいれば不調和を起こします。途中で投げ出すのは論外ですが、良く話し合って上での解散には賛成ですね。

SMAPのメンバーの新しい道を応援したですね(^^♪

スポンサーリンク

メンバーのコメントは下の通りです。

(http://headlines.yahoo.co.jp/より引用)

■中居正広■

ファンの皆さま、関係各位の皆さま、我々SMAPが解散することをご報告させていただきます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至ったことをお許しください。申し訳…ありませんでした…。

■木村拓哉■
 この度の「グループ解散」に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人そろわなければ何もできないので、呑み込むしかないのが現状です。たくさんの気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました。いまは言葉がうまく見つかりません。

■稲垣吾郎■
 ファンの皆さま、スタッフ関係者の皆さま、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。いまの状況で5人での活動は難しいと思い、つらい決断ではありますが「解散」という形を取らせていただくことになりました。どうか僕たちの意思をご理解いただけたらと思います。28年間本当にありがとうございました。

■草なぎ剛■
 この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆さま、支えてくれた関係者の皆さま、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守っていただけるとうれしく思います。

■香取慎吾■
ファンの皆さま、そしてスタッフ関係者の皆さま。僕らSMAPは解散いたします。応援してくださったたくさんの方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

個人の活躍応援してます!!

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑