洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

大河ドラマ「麒麟がくる」第14回「聖徳寺の会見」の感想

   


1380803_s

大河ドラマ「麒麟がくる」は良く調べて制作されていると思う。

番組をみていると、戦国時代に生きた時の記憶を色々と思い出す。

当時、武士は自分らを守るのに必死だったし、「天下を取ることこそが平和への道だ」と考えていた。

そして、自らの外側に自らを満たすものを求めていた。

しかし、自らを満たすものなどは外側にはなかった。

自らを満たすものは内側にしかない。

明智光秀はそれを悟った。

スポンサーリンク

今世、あれからかなりの時間が経った。

どれだけの人がそのことに気付けるのだろう。

どの時代も、皆が夢を追う。

貴方の夢はなんだろうか?

AかBかCか?

一人一人が自分の夢を持っていることだろう。

しかし、実はAかBかCも現実には存在しない。

宇宙規模の広い視野でみれば、どの夢も絵に書いた餅みたいなものだ。

実在しない。

本物の夢はどこにあるのか?

それはX(エックス)として、各自の内側に存在する。

それは無限大の可能性を秘めた夢だ。

Xを知るには、Aを捨て、Bを捨て、Cを捨てることだ。

すべてをいったん捨てることで、本物の夢に気付く。

物資次元へ向いた宜しからぬ慾を捨てることで、意識の矛先が外側から内側へ切り替わり、Xという夢が見えて来る。

物資次元に見える夢を追いかければ争いが生じる。

相手を蹴落とさない限り、それぞれを手にすることはできない。

しかし、Xという夢にはそれがない。

求めた全員が争いを起こさずに手にすることができる。

犠牲者をつくらず、全ての人が夢を叶える唯一の道だと思う。

新しい時代へ向けて、人々の意識がどう変わっていくのか?

あの時も混乱していた。

今も混乱している。

そこに共時性を感じている。

今度こそ、多くの人が、自らの外側ではなく、外側へ向く意識を切り替え、自らの内に秘められた本物の夢に気付くことを祈っている。

◎関連記事◎

明智光秀に関する記事を書いています。

敵は本能寺にあり!幸せはバランスにあり!【明智光秀】

天海の戯言、明智光秀が「本能寺の変」を起こした理由とは?

輪廻転生の仕組みは面白いです。当時の関係者が生まれ変わり、当時と同じようなことをし、その続きが始まる。

織田信長、豊臣秀吉、素晴らしい方々だった。

しかし、すべての夢が一致するには、未だ先の様子だ。

自らの内側を探求した先に、全てが和する世界がある。

全てが和する世界が来ることを願い、精進する。

スポンサーリンク




 - テレビ&エンタメ&映画 ,