洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

永遠の財産を手にする生き方をしよう!外出自粛とか、洗心とか!

   


80699e950d9dea03a64f6fc3afac480c_s

今日は良い天気ですね~(^^♪

昨日の雨と風が邪気を洗い流しました。

外出自粛生活が続いています。

不要不急の外出を控えています。

新型コロナウイルスの感染拡大が終息しない中、

【外へ出たい気持ちを捨てること】

を心掛けています。

洗心です。

外出自粛生活は、「外に出たい」という宜しからぬ慾を捨てるので洗心になります。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス問題が起きる前、多くのビジネスマンは「仕事が忙しい…。自宅でのんびりしたい…。」と思っていました。

しかし、

外出自粛で家の中での生活が続くと、

「外へ出たい…。ストレスを解消したい…。仕事もしたい…。」と思う方もいるかと思います。

人間って、難しいですね~。

本当に厄介な生き物です。

年中、不平不満を感じて生きています。

洗心するしかないですね。

宜しからぬ慾やネガティブな想念を捨てましょう。

私は最近、

ご時勢に合わせて、

外へ出たい気持ちを捨てています。

先日、冷蔵庫の扉の取っ手が壊れました。

家電屋さんへ行こうと思いましたが、

冷えるし、

扉もなんとか閉まるので止めました。

鮨でも食べようと、持ち帰りの鮨を買いに行こうと思いましたが、家のあるもので済ませました。

そんな感じで、不要不急の外出を捨てています。

不要不急の外出を捨てていると、外へ出たいと思う想念がさらに浮かんで来ます。

そうしたら、捨てます。

これを繰り返していると、不思議な自分に気が付きます。

外出自粛に慣れて来ます。

それと同時に内側にいる何かに気付きます。

「自分の内側に誰かいるよ~!!」って感じですかね。

これは洗心をしていると感じることなんですが、宜しからぬ慾やネガティブな想念を捨てていると、内側の何かと繋がります。

都度都度、自分の内側に新しい意識を発見するようになります。

時には、その内側の存在と対話もします。

今日も対話をしました。

内側の存在は話しかけて来ます。

「お主は、何のために生きているんだい?何に喜びを感じるんだい?」と声なき声が聞こえました。

色々と考えました。

人間はついお金や権力を求めてしまいますよね。

それは自由を得たいからです。

しかし、お金や権力を得ても、本当の自由は得られません。

それは人間が魂の存在だからです。

人間は魂が肉体に宿った姿です。

魂を縛っている鎖の拘束を解かない限り、自由は得られません。

お金持ちになっても、権力者のなっても、その拘束を解くことはできずに、何かに縛られて生きることになります。

魂を縛っている鎖の拘束を外すにはどうしたら良いかというと、洗心することです。

宜しからぬ慾やネガティブな想念を捨てることです。

洗心を続けていると、徐々にですが、魂を縛っている鎖が外れ、自由を感じるようになります。

僕が求めているのは、この世界です。

「洗心して行く先に何があるのだろう?」

「すべて手放した向こう側に、すべてが揃った世界があるって本当だろうか?」

それを体感してみたいですね。

今は洗心の途中です。

途中経過を報告すると、

お金は権力を得て自由を獲得しようとする人とは、まったく違う道を歩んでいます。

しかし、確かな手ごたえを感じています。

不思議なかたちで希望が叶います。

これは言葉では伝えにくいのですが、そういう世界があります。

神秘的な世界です。

宜しからぬ慾とネガティブな想念を捨てることで、神秘的な世界へ入って行きます。

新型コロナウイルスの問題の渦の中で、試してみると良いですよ。

「家にいないといけない!!」と我慢を続けていれば、ストレスが溜ります。辛いだけです。

であれば、思考を変えてみます。

「外出慾を捨てて家にいると運気が貯まる!」と思考を変えてみます。

「運気を貯めることができるなら、家にいよう!!」と思えば、ストレスも減ります。

実行をしていると、外出慾を捨てる度に自分に有益なものが貯まるのが分かります。

受験勉強を思い出してください。

友達が迎えに来て外へ遊びに行けば、その時は楽しいですが、志望校は遠ざかります。

でも、友達からの誘いを断って勉強すれば、一時辛いですが、志望校へ近付きます。

勉強を続けていれば、春になれば志望校へ合格し、希望が叶います。憧れていた学生生活が始まります。

新型コロナウイルスによる外出自粛もこれと同じです。

家にいることを自分の力に変えていけば良いのだと思います。

台風一過と言います。

嵐が来ても、ずっと嵐というわけではありません。

嵐はいずれ去って行きます。

嵐が去れば、快晴が広がります。

運気のない人は、嵐の中でもじっとしていられなくて、外に出て被害を受けます。

そして、快晴が広がった時にベットの上になります。

運気のある人は、嵐の時にじっとしていて運気を貯めています。

運気の貯金をしています。

そして、嵐が過ぎた後に、貯めた運気を使って、人生を楽しみます。

今は全世界の人が運気を貯める時です。

我慢することを楽しみに変えて、運気を貯めてみると良いと思います。

我慢をストレスにする人、我慢を楽しみに変える人、結果には天地の差があります。


806f61f5e70899f3f3a8068e2588fa2e_s

さて、話をもとに戻します。

【外へ出たい気持ちを捨てること】

これは、まさに洗心の世界です。

洗心を続けていると、不思議な世界へ入って行きます。

自由な世界、

すべてが揃っている世界、

へ向かいます。

「外へ出たい」

「外のある何かで自分を満たしたい」

と思ったら洗心のチャンスです。

その宜しからぬ慾を捨てます。

捨てる秘訣が分かって来ると、捨てるのが楽しくもなります。

何かあるごとに、「今回は何を捨てようか?」と考えるようになります。

「断捨離すると、運気が上昇したり、物事がうまく行く」と言われますが、まさにその世界です。

自分を満たしたいのなら、何かを捨てることです。

捨てれば、捨てる程、満たされるようになります。

多くの人は、自分の外側から何かを得ることで、自らを満たそうとします。

洗心で生きる人間は、宜しからぬ慾を捨てることで、自分を満たします。

この2つ、真逆な思考です。

さて、貴方はどちらを選びますか?

その選択が、死を迎える時に、自分が持っているものに繋がるし、あの世に持っていけるものに繋がっています。

永遠の財産を手にするのか?

一時の財産を手にするのか?

僕は洗心をしながら、永遠の財産をコツコツを貯めて生きています(^^♪

スポンサーリンク




 - スピリチュアル