洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

2019アセンション、今、地球に何が起きている?(天地和合 万物和合)

   


b6b85a3281f5512d95f18c07ec0f6e52_s

私たちは、もともとは高次元の存在だ。魂というスタイルで、高次元領域にいた。

高次元領域は、まさに桃源郷だ。ふわふわして居心地がいい。魂たちは、快適に過ごしていた。

しかし、大きな問題を抱えていた。それは個々であり、他と調和と和合が出来ないという問題だ。

宇宙は調和している。しかし、調和できない魂たちが存在しているということだった。

なぜ魂は、他と魂と調和できなかったか、それは重なってしまうからだよ。重なることは真の調和ではない。

相手の存在を知り、相手を受け入れて、調和することで和合する。

「このギャップを埋めるには、いったい、どうしたら良いのだ?」と皆んなが必死に考えた。

その結果生まれたのが、現実体験の場である地球という舞台だった。

地球では、魂は肉体をまとうことになる。そして、そこには時間と物理的な空間というものがある。その中に自らと他(相手)が存在することになる。

自らと他が肉体に宿ることで、完全に分離する。重なるこはなくなった。そして、他を受け入れ、調和することで、和合が可能となった。

170bb85e02fc522e7629690ccf6572c4_s

違う角度から見てみよう。宇宙はビックバーンを迎えた。ただ1つ、大いなる存在だったものが進化したくて、個々に分かれた。個々に分かれることで相手を作り学ぶためだ。

そして、相手を知り、受け入れ、調和し、和合する場が地球ということだ。地球という場合が存在する目的は、相手と和合するためだ。

地球上の全ての人が調和し和合することで、相事象となっている高次元が和合する。高次元が和合すれば、その相事象になっている宇宙が和合する。

天地和合、万物和合ということだ。

そこが腑に落ちれば、地球に生まれて来た意味とすべき事が見えてくる。

我々がすべき事は、相手を知り、受け入れ、調和し、和合することだ。全てと和合することで、ビックバーンでバラバラになった個々が、それぞれ進化し、進化した魂が繋がり、1つに戻る。そして、宇宙が進化する。

しかし、ここで注意しなければならないことがある。それは、自らの魂の意思だ。

魂の意思を無視して相手を受け入れても、和合とはならない。

現実を考えれば分かる。自分が嫌だと思っているのに、相手の意思を優先しても、貴方のテンションは落ちるだろう。心にモヤモヤしたものが残る。

これはアセンション(次元上昇)ではなくて、ディセンション(次元下降)である。これでは宇宙は進化しない。

現実次元で重要なことは、自分の思考の柱をしっかりと立て、その上で納得のできるものを受け入れることだ。これが真の調和であり、和合であり、宇宙の進化だ。

ちょっと難しい話が続いたが、簡単に言おう。

貴方が今、地球に存在する目的は、他人と調和し、和合することだ。

自分を磨き、自分軸を持ち、相手の話を聞き、お互いの中間点を見つけることだ。

この世では、落とし所とも呼んでいる。

2点間には必ず中間点が存在する。

ここに落とし込むことだ。

どんな意見の違う相手とでも、どんなに立場が違う相手とでも、必ず中間点が存在する。

ここがニュートラルポジションであり、仏教でいる中道である。

自らの意識を中道へ持っていくと、そこの不思議な力が働き、新しいゲートが開く。

異次元ゲートなのだろうか?

そのゲートへ貴方が飛び込むことで、1つ何かがひっくり返る。

闇が光と変わり、2つ分れていたエネルギーが1つにまとまる。

人間は細かな石のような存在だ。

細かな石が沢山集まってできているが、さざれ石だ。

さがれ石の姿こそが、全てが和合した姿だ。

1つ1つ和合させ、全てを和合させるのが、宇宙の大計画である。

ワンネスとはこのことだ。

地球アセンション時代を迎えて、地球が次元上昇をする中、私たち一人一人がすべきことは、他との調和であり和合だ。

地球は今、大きな変革期を迎えた。

一人一人が自らが存在する意味に気付き、そのミッションを果たすことが、地球アセンションに繋がって行く。

スポンサーリンク




 - スピリチュアル