洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

【ネタバレ】別れたら好きな人(43話)のあらすじと感想

   

第43話「さようなら、最愛の人」はとんでもない内容となりました~。

私の頭の中には「?」が3つほど点灯しています。

二郎も咲も自分の気持ちに素直になり、やり直すことを決断しました。ところが、これじゃ逆戻りです。「今まで積み重ねてきた42話分はなんだったのでしょうか???」とそんな気分になった43話でした。

どういうことかと言うと、まず、二郎は相変わらず優柔不断です。

めぐみが離婚届をおいて自宅から出ていきます。二郎は直接会って話をしてケジメを付けたいと考えます。ここまでは良いと思います。

それなのにめぐみと直接話をした後も、めぐみが心配になり長野へ向かいます。この優柔不断は、なんですかね?

今まで咲と上手く行かなかった原因の1つが二郎の優柔不断です。優しさと優柔不断は違います。前回、二郎は「人の気持ちばかり優先し、自分のことを疎かにしていた…」と反省したばかりだったのに……。

二郎が駄目男に見えました。残念です。

また、咲の行動も分かりません。業務でホワイトナイト(友好的な企業買収)を決行したため、処分を受けることになります。ニューヨークへ戻ることになってしまいました。重大なことです。

しかし、その重大なことを二郎へ知らせません。コミュニケーション不足が二郎と上手く行かなかった原因だったのではないですかね?


「二郎に心配かけなくない」という理由で知らせなかったようですが、これでは二郎は余計に心配することになると思います。

まったく分かっていません。まったく学習能力のない二人に正直がっかりしました。

ドラマの最後、二郎は長野にいます。めぐみのところは行っています。キャプテンから「咲ちゃんがニューヨークへ出発する」と聞いて、慌てて空港へ向かいますが……。きっと後の祭りなのでしょう?

さて、次回は最終回です。

半年後にニューヨークへ行ってしまった咲との再会があるようですが、果たして、どんな展開になるのでしょうか?

ここに来て一番まともなのが、キャプテンとめぐみだと思います。

キャプテンは大人らしく、二郎と咲を応援します。めぐみも二郎の気持ちが自分を向いていないことを自覚し、お父さんの工場を手伝います。偉い!!

二郎と咲より、キャプテンとめぐみを応援したくなりました~。今日は、辛口コントになりました。最終回の内容はどんななのでしょう?

 

最終話「元妻が再び上司に!?」
咲がニューヨークに行ってから半年が経ちます。二郎は咲と連絡を取れずにいました。シャコンヌに集まるいつもの面々は、それぞれが新たな人生を歩み出しています。

ある日、二郎が家族食堂の社長から重大発表があると呼び出されます。その内容とは…?いよいよ次回は最終回です。お見逃しなく(^^♪

スポンサーリンク




 - テレビ&エンタメ