さらばあぶない刑事の感想です。結末は?殉職?【ネタバレ】

公開日: 

さらばあぶない刑事の結末は殉職なのか?感想は?

abunaideka
2016年1月30日より公開されたました。

前売り券を購入し、さっそく見に行きました~(^^♪

どんなストーリーか?

定年退職が5日後となったタカこと鷹山敏樹(舘ひろし)とユウジこと大下勇次(柴田恭兵)が…、

リクナビを使って、

転職先探しをする…、

なんてストーリーではありません。

あぶ刑事ぶりを最高に発揮し、派手にドンパチやってくれます。

ロケ地はどこか?

そんなもの横浜の本牧に決まっています。

そこで、格好良く、派手にドンパチやってくれます。

見ごたえたっぷりでした。

ド派手なカーアクションも、

タカのバイクも、

ユージの華麗なステップも、

皆、ありでした。

薫(浅野温子)、町田透(仲村トオル)、松村優子(木の実ナナ)、田中文男(ベンガル)、吉井浩一(山西道広)、深町新三(小林稔侍)、山路瞳(長谷部香苗)と、いつものメンバーが良い味出していました。

感無量でした。

「バカもーーん!!」

「瞳ちゃん、お茶!」

も良かったですね!

吉川晃司、菜々緒も参戦して、あぶない刑事の魅力を高めていました。

あぶない刑事の総決算って感じで最高でした。

そして、タカとユウジの掛け合いを、

今回も満喫させて貰いました。

ダンディとセクシーの傑作ですよね。

大満足でした。

さて、気になる結末はどうか?

殉職なのか?

ハッピーエンドなのか?

映画の予告では、

ユージが、

『残りの弾の数と敵の数がまったく合いません!』

とあり、2人が窮地に追い込まれているのは分かりますが、果たして、結末は、どうなるのでしょうか?

ここでネタバレなしです。

それは映画館までの楽しみの取っておいた方が良いですよ(^^♪

とにかく、10年ぶりにあぶない刑事を楽しめました。

本当に感無量です。

まだ、余韻が残っています……。

やっぱ、あぶない刑事、いいわ(^^♪

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑