洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

ゆでたまごさんのコメントへの回答(2021年10月5日)

   

ゆでたまごさん

はじめまして(^^)

コメント有難うございます。

そして、とても良い質問を有難うございました。

答えが長くなったので、コメント欄でなく、こちらで対応させていただきます。

インラインで回答します。


>>スピリチュアル系で、覚醒後フリーランスや自営など好きな事を仕事に!とすすめる流れが多いですが、
全ての人がそうなったら世界はどうなるか?まで問う人がいないのがいつも不思議です。

【回答】

僕の知る限り、スピリチュアル界で覚醒している人は殆どいません。

スピリチュアルカウンセラーを含めて、殆どが現実逃避した偽スピを語っていると感じています。

現実逃避した偽スピを実践しても、自由になれないし、好きな仕事をすることも無理だと考えています。


>>コミューンを作って自足時給をしている人達もいますし、アメリカで紙幣を交わさない物々交換的なイベントも毎年行われていて、魂的にお金に支配されない世界を求めているというのは分かるのですが。
ただ、全ての魂が自分の好きな事を求めていった先に、世界はどうなるのか。

ゴミ収集の仕事に就いてる人、葬祭業についてる人、半導体事業の工場勤務者、とくに期間工や派遣社員、介護職、その他もろもろ、ほとんどの人達が生活費のために特にやりたいわけではない仕事をしているわけですが、そういう方たちが今のやりたくない仕事やーめた!と居なくなったら株どころか会社が成り立ちませんし、AIが補完できない部分を含め、今の世の中はどうなるのでしょう。

コミューンを作っている方々も自分たちで家屋から手作りしたり好きな事をされてはいる様ですが、表面上ナチュラリストでも突き詰めれば、主な収入源は今やネットで収入を得ていたりします。

ネットを使って自分の好きな事をしている人達も、末端のやりたくない仕事をしている人達が居なくなってしまえばネット環境そのものが危ういわけで、半導体事業など過酷な労働条件の中働く人達が大半です。

この先の事を言うスピリチュアルな方が全く現れない事にいつも違和感を覚えてしまいます。批判したいわけではありません。この疑問に何か納得のいくヒントなりをいただければと思い、ついコメントをさせていただきました。失礼いたします。

【回答】

人間は輪廻転生をしていて、生まれる前に人生の青写真を描いています。人生計画を立てて生まれ、生まれるといったん忘れます。

それと、人間は肉体に自我と魂(真我)が宿ったものです。

※自我は生活する意識のことです。

この2つを前提にお話します。

例えば、前世で多くの人々に迷惑をかけた男がいたとします。

生まれる前に次の2つのことを計画しました。

1、今世は、まず、ごみ収集の仕事をして、多くの人に迷惑をかけた罪滅ぼし、前世のカルマを解消する。

2、罪滅ぼしをした後は、音楽が好きなのでミュージシャンになり、ミュージシャンとして魂の学びをしながら、それで飯を食べて行く。

そしてこの男は、生まれると人生の青写真の通りにごみ収集の仕事に就きました。

しかし、この男はごみ収集の仕事をしながら不平不満ばかり言っています。

「何で俺がこんな仕事をしないとならないんだ!」

「給料が安い!」

「生まれながらに恵まれていない!」

などなど。

常に不平不満を言い仕事をしているので、前世の罪滅ぼしにもならず、魂も成長しません。

なので、人生が展開せず、ずーーーと、理想の仕事を探しながら、不平不満を言いながら、ごみ収集の仕事をしています。

現代人はこのパターンが多いですね。

頂いたコメントから感じることは「好きな仕事」の捉え方が、僕とは違っていると思いました。

自我が描いた理想の仕事は、僕に言わせれば好きな仕事ではありません。

僕は魂からやりたいと思える仕事が、好きな仕事だと考えています。

この男の場合、今世では、罪滅ぼしをしたいという魂の強い要望があり、ごみ収集の仕事に就いています。

ごみ収集の仕事が好きな仕事です。

ごみ収集の仕事に没頭することが、好きな仕事をするということになります。

自我が抱く理想を捨て、ごみ収集の仕事に没頭した時に、やり甲斐を感じ、感謝が湧いて来ます。魂が成長し充実感を感じるでしょう。

そして、ごみ収集の仕事の卒業を迎えたら、自ずとミュージシャンの道が開いて行くことでしょう。

何が言いたいかと言うと、現実人の多くは魂の思いを無視して、自我の理想(わがまま)を叶えようとしています。

まずは、自我を折り、理想を捨てて、魂から好きだと思える仕事を一生懸命やることだと思います。

また、このようにして人々の集合意識が高まれば(魂レベルが上がると)、宇宙から高度な知恵も降りて来ます。

将来はAIロボットが、現在人間がやっている作業を代行する時代が来ると思います。

既に無人のバスや無人の受付などが存在しますが、もっと高度な仕事もAIロボットがこなすようにもなるでしょう。

現代で東京から大坂へ移動するには、飛行機や新幹線を使います。

一方、江戸時代の乗り物は籠です。

籠では、東京から大阪へ移動するにも時間がかかり、1人を運ぶのに2人の人力が必要です。

そのなもの不便で、現代では籠を使う人はいません。

ましてや、籠の持ち手の仕事がなくなる心配をする人もいません。

未来に対しても同じことが言えますよね。

ごみ収集の仕事をはじめ、あらゆる分野でAIロボットが活躍しそうです。

先程、例に挙げた男がごみ収集の仕事を卒業した場合を考えてみます。

それと入れ替わりに、宇宙からAIロボットがごみ収集をするようなことが起きると思います。

ここからは社会への期待になります。

AI時代が本格化すれば、企業はAIロボットの設備投資が必要です。

それを人間が投資し、投資した人は配当金を貰うようなお金の循環も可能ですよね。

最後にお金についてです。

お金に支配されないということは、お金を無くすことではありません。

お金は存在しますし、物々交換のような肌の温もりを感じる人間関係もありますが、個人個人がしっかりと自分の経済を立てることが非常に大切です。

僕は現実の中にスピリチュアルを見ています。

その切り口からお答えすると、こんな感じになります。

不明点があれば、再度コメントをして頂くか、Twitterでリンク申請して頂ければ、メールでのやり取りが可能になるので、そちらでお願い致します。

良い一日を(^^♪

ノリ

スポンサーリンク




 - お金&仕事