2016年のアセンションを乗り切る生き方とは?

公開日: 

「この世で価値があるもの、お金、株、土地、権力、名声を求める慾を徹底的に捨ててみる。」

「どんどん、捨ててみる。」

「さらに、幸せを求める欲、理想のパートナーを求める欲、心の隙間を埋めようとする欲を捨ててみる。」

「どんどん、捨ててみる。」

得るは捨てつるにありです。

今、これを徹底的にやっています。

宜しからぬ欲を捨て、心の掃除が進むに連れ、新しい意識が芽生えます。新しい領域へと移っていく感じです。

生きるのが楽になります。

また、下界の様子も良く見えるようになります。

SMAP騒動、大型バスの事故、ゲスの極み、政治家が羊かんを貰った事件……、

見え方が変わって来ますね。

人の振り見て我が振りを直すこともできます。

スポンサーリンク

2016年に入り、イシヤの動きが大きくなりました。

※イシヤとは、権力社会の総元締めの意識体です。

大祓え(世の中の大掃除)が激しくなりました。

宜しからぬ欲を抱えていると、大祓えの渦に呑み込まれることになります。

この大祓えの時期、渦に巻き込まれずに過ごすには、やはり、「得るは捨てつるにあり」のスタンスが重要だと思います。

但し、間違えてはいけないのは、執着を手放すというところです。ここ凄く大事です。

(富への執着を例に出すと…)某インチキ宗教が、覚醒するためには全ての財産を手放しなさいと言って、寄付させるところがありました。

あれはインチキです。

僕が言っているのは、持っている富を手放せということではなく、富への執着を手放せということです。

スピ系の信者にここを間違える人が多いんです。

神様は執着を手放すように言っていますが、生活(現実)を手放せとは言っていません。

執着を手放して行くと分かりますが、必要なものは残るし、不要なものは去って行きます。そして、必要なものがあれば、自然と自分のところへ入って来ます。

ここが分かると、本当に生きるのが楽になります。

自然と生活の不安も減って行きます。

今日もどんどん手放して行きます。

もちろん、執着を。

2016年に入り、イシヤの動くが激しくなりました。イシヤの渦に巻き込まれない秘訣は、執着を手放することです。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑