洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

新牡丹と薔薇(35話)のあらすじと感想。崑一の死因は?意外でした…

   

新牡丹と薔薇(35話)のあらすじ

第35話「急接近する意外な2人」のあらすじです。

世奈子の店で、世奈子と綱輝が話しています。

世奈子は、崑一が富貴子と美輪子の仲を引きさいたことを告げます。綱輝に富貴子との婚約を解消するように話します。

しかし、綱輝は応じません。世奈子に「富貴子とは予定通りに結婚する」と言い切ります。そして、店を出て行きます。

綱輝は富貴子のいる天ぷら屋を訪れ、富貴子のことを心配します。さらに、美輪子と再会ができるように協力をします。

一方、美輪子は部屋に閉じまり返事もしません。真澄と母萌子は「もしものことがあっては…」と心配します。

ところが、綱輝から電話を受けた美輪子は、富貴子に会うために外出します。

綱輝の計らいで、富貴子と美輪子はローズガーデンで再会をします。

富貴子は、他所でネイルサロンを再開し、美輪子はそこで手伝うようになります。

崑一は、世奈子とよりを戻ります。世奈子は、崑一に真澄と離婚をするように迫ります。そして、崑一との再婚を考えます。

そして、情緒の最中に崑一が急性心不全で逝ってしまいます。

警察から真澄に電話が入り、真澄と美輪子は病院へ向かいます。


そこには世奈子がいます。

世話子が「最後をみとったのは私……」と言いますが、

真澄は「出ていけ!」と怒鳴ります。

スポンサーリンク

35話の感想

崑一が呆気なく逝ってしまいました。

結果的に、杉彦の天ぷら粉攻撃が効いたということですかね(笑)

世奈子と真澄の狭間でもがくと思っていましたが、御愁傷様でした。

36話では崑一に借金があることが分かるようです。このタイプの男にはありがちなことです。このリアル性には頷けます。

このあとは借金から家族崩壊が進むのでしょうか?

その中でも、姉妹愛は最終回まで貫くという流れなのですかね?

崑一の特徴的な笑いが聞けなくなるのは残念ですが、話の展開は面白くなったと思います。

36話ネタバレ

崑一が他界し、眞澄はやつれ、泣き疲れます。

美輪子は、富貴子の助けを求めますが、富貴子は事態を見守るしかありません。

やがて、崑一に莫大は借金があることが分かります。

ローズガーデンを売却するしかなくなります。

そこへ、世話子が金融会社を経営する大隈(大和田伸也)を紹介します。

60代だというのに、どこかギラつく大隈に、富貴子も美輪子も嫌悪感を抱きます…。

スポンサーリンク




 - テレビ&エンタメ ,