尽くす女は嫌われる?尽くす男はモテない?【恋愛成就の法則】

公開日: 

尽くす女に将来はありません。

尽くす女は嫌われます。

これ言えていますよ。

ラブラブ感を感じる時期は良いですが、それを過ぎると、男にウザく感じられるようになります。

男にとり都合が良い出来事では、優しくされるかも知れませんが、それ以外はウザく感じられます。

都合の良い女になりがちです。

一般的に男は、本命と遊びをはっきり区別します。都合の良い女を本命にすることは稀だと思います。

尽くす男は間違いなくモテません。

尽くす男はモテません。

これも言えていますよ。

相手に気に入れられようと思うが故の行動だと思いますが、追うものは逃げます。一般的に「自分」を持っていて「俺に付いて来い!」というタイプの男性の方がモテます。

尽くす男は、女性から見ると「強さ」を感じられず、恋愛の対象でなくなります。そして、本命ではないキープくんになりがちです。

アッシー君やメッシー君はその良い例です。アッシー君は、ご存じだと思いますが、女性の送迎のための存在です。メッシー君は、女性に食事を奢るための存在です。ここには未来はありません。

スポンサーリンク

自分を強く持つことが恋愛では必要です

尽くす女は嫌われ、尽くす男はモテません。

どうやら神様は、恋愛で尽くすことが嫌いみたいですね。

尽くすとは、そのことのために全部を使ってしまうことです。恋愛対象の異性に尽くすということは、相手のために全てを使ってしまうことです。

きっと神様は「自分のために生きろ!!」と言いたいんだと思います。自分のために何かをやり尽くす、これはOKです。すわなち、自分を強く持つことが恋愛では必要です。

自分軸をしっかりと持つことが恋愛成就の秘訣

恋愛で大切なことは、自分軸をしっかりと持つことです。他人軸で生きて良い結果は生みません。他人に尽くす行為は、まさに他人軸の生き方です。気付いたら止めることです。

恋愛を成就させるには、尽くすのではなく、2人で力を合わせて1つのことに取り組むことです。

問題事があれば力を合わせて解決する、同じ場や時間を一緒に楽しむ、同じ目的にへ向かって進むなど、2人で1つのことに取り組むことです。これに限りますね。

2人で1つを共有できていると、愛が芽生え、愛が育ちます。

もし、価値観や性格が合わずに、1つのことを共有できないのあれば、次の異性を探した方が良いですね。自分に合ったパートナーは必ずいます。勇気を持って未来を選択することです。尽くしていても、そこからは何も生まれません。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑