新牡丹と薔薇(27話)のあらすじと感想【60秒で理解する新ボタバラ】

公開日: 

新牡丹と薔薇(27話)のあらすじ

1月11日は祭日なので、新ボタバラを見逃した方も多いかも知れません。

第27話「指に食い込むあの指輪」のあらすじを紹介します。

美輪子は、富貴子と綱輝が会う場をセッティングします。綱輝に電話をし、ぼたんとの婚約指輪を持ってくるように言います。

富貴子と美輪子のいるローズカフェを綱輝が訪れます。美輪子が富貴子を騙し、婚約指輪を嵌めさせます。富貴子が婚約指輪を嵌めると抜けなくなります。

綱輝は、婚約指輪を嵌めた富貴子を見ると、感激のあまり急変して、富貴子へキスをします。

また、富貴子はアメリカでは結婚していたことを美輪子へ話すと、美輪子は逆上して、富貴子の顔へワインをかけます。

真澄は、そのことをついて、「美輪子の精神が心配なので、もう少し、我がままを聞いて」と富貴子に頼みます。

スポンサーリンク

27話の感想

富貴子と美輪子はどうなって行くのでしょうか?

美輪子はただの我がままだし、理不尽を受け入れる富貴子も理解が出来ません。

精神異常者の奇跡みたいな内容の昼ドラは詰まらないですねー。

イケメンのスーパードクターが登場し、富貴子と結婚し、美輪子を常識者へ導くストーリーは如何ですかね?

遺産争族というドラマがありましたが、向井理が演じたドクターのような男性が登場するという展開も良いかも知れません…。戯言でした。

28話のネタバレ

富貴子が吉田家を訪ねます。杉彦に「もうどこにも行くな!」と引き止められます。

九品仏の小日向家に帰る富貴子を杉彦が尾行します。杉彦が、小日向家の前で、外出先から帰ってきた美輪子に見つかります。美輪子は……。

富貴子は、綱輝からデートに誘われます。美輪子は「こんな時、ぼたんなら会いにいくはず…」と承諾するよう迫ります。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑