災難続きの原因は?お祓いの効果は?一番効果的な対策は?

公開日: 

災難続きの原因、それは身から出た錆です

昨年から災難続きです。

昨日も災難が1つやって来ました。

紛争している相手が、弁護士を通じ、理不尽なことを言って来ました。

「あっ、また来たな。」という感じで、感謝して見送りました。

災難の原因は身から出た錆です。前世も含めて、かつての自分がやってしまったことが、因果応報によって返って来ただけです。

自分がやってしまったことに見合ったものが返って来ています。苦痛体験することで、帳尻が合います。自分の悪事が精算できます。

そう考えると、災難も有り難いものです。感謝も出来ます。借金がなくなって晴れ晴れするのと同じです。

だから、災難がやってきたら、感謝して、ただ見送ることです。そうすることで、災難も長湯せずに通り過ぎて行きます。

災難続きでも同様です。「また、来たな。」と平然と見送ることが大切です。

スポンサーリンク

悩んだり、心配ごころを起こすと深みにハマる…

やって来た災難に対抗しては駄目です。他人の責任にしたり、あれこれと悩み不安になると、マイナスの想念を生むので、さらに悪い状況となります。不安は増し、余計に苦しくなり、深みにハマります。

辛いことがあっても、事件や事故に遭遇しても、大きな損失を被っても、感謝して、じっとしていることです。災難続きでも、じっと我慢の子でいましょう。

災難が去っていくまで、感謝して、じっと耐えることが一番の災難対策です。

お祓いの効果はあるか?

何かに取り憑かれている場合で、自分ではどうしょうもない場合は、神社などでお祓いを受けると良いと思います。

だた、身から出た錆の場合は、感謝して、じっとしている方が効果的ですね。あれこれ動けば不安が増すばかりです。災難が去って行くまで待ちましょう。

災難続き対策のまとめ

災難がやって来たら他人の責任にしては駄目です。身から出た錆だと認識しましょう。苦痛体験をすることで、かつての悪事が清算できます。災難に感謝して、じっとしていると意外に早く去って行きます。

また、災難に振り回されずに冷静な自分を維持していると、解決策がパッと浮かんだりもします。平静を保つことが災難続き対策の秘訣です。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑