新牡丹と薔薇(26話)の感想 逢沢りなのファン止めました【ネタバレ】

公開日: 

新牡丹と薔薇(26話)のあらすじ

富貴子は外出先で旧友の清塚(中山卓也)と再会します。二人でお茶をし、話が弾みます。気取らずに話しができる相手と会い、富貴子は陽気な気分になります。

後日、富貴子は清塚からクリスマスイブの誘いを受けます。美輪子は、富貴子とクリスマスイブを過ごそうと考えていたので、そのことを聞き不機嫌になります。

クリスマスイブが来ます。富貴子は清塚と会い、和菓子のクリスマスプレゼントを貰います。

美輪子は、富貴子が清塚から貰ったクリスマスプレゼントを憎しみを込めて壊します。

富貴子と美輪子の誕生日が来ます。家族4人で、世奈子のお店で会食をします。崑一は、富貴子と美輪子へ洋服をプレゼントします。

美輪子は富貴子へのプレゼントを用意していました。そのプレゼントというのは、ぼたんの婚約者の綱輝でした。

綱輝は、富貴子がぼたんと似ているので、恋の炎が燃えます。

崑一は「富貴子が戻って来たようだ」とご機嫌です。帰宅後、美輪子は、富貴子に、恋愛は綱輝以外のは認めないと迫ります。こわ。

スポンサーリンク

26話の感想

我がまま放題の美輪子、一般常識を持たない小日向家、それに加え、自分本位な考えの世話子と理解に苦しむ内容ですね……。最近は、現実離れして詰まらないと感じています。

そん中、(現実の話で)女性クレーマ詐欺のニュースを聞きました。「ケーキに毛が入っていた」と1200店に7000回電話をし金品を騙し取った女性へ有罪判決が言い渡られました。

そのニュースを聞いて、「美輪子みたいな我がまま放題の女性も存在するかも…」とちょっと思いました。美輪子のやっていることはクレーマと同じですよ。

たちが悪い女は最悪です。逢沢りなのファンになりそうでしたが、止めました…。演技なのは分かりますが、女性のああいう姿見ると、一発で冷めます。

27話のネタバレ

お正月が来ます。崑一は、富貴子と美輪子へ着物を新調します。

美輪子は、誕生日に続き、富貴子と綱輝が会う場を設定します。そして、かつてぼたんに贈った指輪を富貴子の指に嵌めます。すると、信じられないことが起きます。

綱輝は、富貴子を抱擁し、熱くキスまでします。富貴子は戸惑うばかり…。美輪子は、富貴子が困惑するような発言をします。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑