2015年紅白の視聴率は?89年以降で最低…井岡一翔の方が感動した

公開日: 

第66回NHK紅白歌合戦nの視聴率は?

第1部(19時15分~)の平均視聴率、34.8%

第2部(21時~)の平均視聴率、39.2%

だったそうです。

8年ぶりに40%を割り、2部制に移行した1989年以降で最低の視聴率でした。

脱マンネリを掲げ、出場歌手の世代交代を進めたようですが、演出のマンネリが目立ったのが、視聴率を稼げなかった原因のようです。

サプライズ登場した前田敦子、大島優子は良かったけど、あとはあまり印象に残っていないですよね。

私の感想は、マンネリに合わせて感動が無くなった気がしています。

もっと心に残る曲とか、演出をしないと視聴率は低空飛行を続けてしまうのではないですか。

裏番組の井岡一翔のボクシングの試合の方が感動しましたよ。

前王者のフアン・カルロス・レベコのパンチを巧みにかわして、ボディーブローでKOする当たり、見ごたえがありました。スカッとしました。

対して、紅白はスカッとしませんでしたね。

松田聖子と近藤真彦のトリも、もっと感動するかとも思いましたが、気が付いていたら、終わってしまいました…。そんな感じでした。

紅白の感動は、視聴率が物語っている通りだと思います。

視聴率を稼ごうとするのではなく、感動させること考えた方が良いのでは?

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑