新牡丹と薔薇(15話)までの大体のストーリー【16話から見る方へ】

公開日: 

新牡丹と薔薇(通称:新ボタバラ)がスタートして3週間が経ちました。15話まで進んでいます。ドロドロの人間の愛と憎しみが描かれています。昼ごはんの後、午後の刺激には最適です。

展開の早い昼ドラなので、ストーリーを把握するのが難しかったりします。これから新ボタバラを見ようと思う方、また、数回見逃してストーリーが分からなくなってしまった方向けに大体のあらすじをまとめました

スポンサーリンク

新牡丹と薔薇、今まで(15話まで)の大体のあらすじ

高校生の真澄が富貴子を出産します。育てられないので養子へ出します。どこへ養子に出されたかは知らされません。養子へ出すとき小さいアクセサリーを渡します。

【時が経ちます】
真澄は大学生となります。
バラ園を経営する崑一と出逢います。崑一は結婚歴あります。そして、4歳の子供(ぼたん)がいます。ぼたんは崑一が育てています。前妻は世話子です。お店をやっています。

真澄はぼたんが気に入ったこともあり、崑一と結婚します。二人の間に美輪子が生まれます。2人姉妹となります。真澄が、ぼたんと美輪子を2人を育てます。

【さらに時が経ちます】
ぼたん23歳、美輪子18歳になります。(ここで真澄役は美山加恋→伊藤かずえとなります)

家族で先祖の墓参りへ行くと、一人の青年(多摩留)に逢います。美輪子と多摩留は恋に落ちます。親に内緒で多摩留とのデートを重ねます。

一方、ぼたんは、世話子より紹介された綱輝と婚約します。綱輝との結婚は気が進みませんが、美輪子の刺激も受け、はっきりしないうちに話しが進みます。

美輪子と多摩留はラブラブです。しかし、多摩留に一度強引にされると、一気に冷めてしまいます。

多摩留は美輪子に急に拒否されて、つきまとい行為を始めます。警察沙汰になります。さらには、美輪子との画像をネットに上げてしまいます。

美輪子の父である崑一が多摩留の家へ乗り込み、激しく怒ります。これで多摩留が美輪子へ仕返しする決心をします。そして、刃を持って美輪子宅へ侵入して、美輪子へ仕返しを図ります。

多摩留と美輪子が揉めていると、ぼたんが止めに入り、牡丹が身代わりに命を落としてしまいます。多摩留は美輪子宅に火をつけ、多摩留もあの世の人となります。

アメリカへ留学している多摩留の姉(富貴子)が日本に帰国します。

※ぼたんと富貴子は、黛英里佳さんの一人二役です。

※富貴子が養子に出されたのは、吉田家(多摩留の家)ということになります。

人間相関図>>http://tokai-tv.com/botabara/chart/

16話以降は、富貴子と美輪子が中心に愛と憎しみのストーリーが展開すると思われます。多摩留の起こした事件から2年後という設定で始めります。

12月21日、13時25分~です。お見逃しなく(^^♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑