新牡丹と薔薇(15話)、富貴子は黛英里佳の一人二役。戸塚純貴も?

公開日: 

新ボタバラ(15話)の話題です。ぼたんは美輪子の身代わりになって亡くなってしまいます。マジで寂しくなりました…。富貴子は黛英里佳さんの一人二役でした。戸塚純貴の一人二役もあり得ますかね?

スポンサーリンク

新牡丹と薔薇(第15話)のあらすじ

まずは15話のあらすじです。多摩留がM計画を実行してしまいます。多摩留は、刃を持って美輪子宅に入ります。美輪子が帰宅すると揉み合いになります。

そこにぼたんが帰宅します。ぼたんは美輪子を守ろうとして、身代わりとなってしまいます。予想通り最悪の結果となりました。

(ぼたんのお葬式の場面になります)我が子を失った世話子が、怒り、取り乱します。美輪子の責任だと詰め寄ります。ドロドロの展開になりますが、崑一が「ぼたんのためにも皆んなでお葬式をあげよう」と世奈子をなだめます。

(2年間が経過します)小日向家の豪邸跡地に一人の女性が現れます。富貴子です。黛英里佳の一人二役です。ショートカットの黛英里佳さんが、赤いコートにサングラスというファッションで登場します。

そして、小日向家の跡地の前で近所の人に事件のことを訪ねます。尋ねられたおじさんは、美輪子とぼたんのことを取り違えています。「多摩留が愛したのはぼたん」と富貴子へ話します。富貴子は、間違った情報を聞くことになります。これが今後トラブルのもとになりそうな予感です。

新牡丹と薔薇(第15話)の感想

新ボタバラを1話から15話まで見ました。15話でぼたんがあの世へ旅立ってしまい、凄く寂しいですね。ドラマに引き込まれていたので、リアルな寂しさを感じています。ぼたんのようなお嬢様タイプは好みではありませんが、いなくなると寂しいものです。ご冥福をお祈り申し上げます。

次に富貴子役の話題です。黛英里佳さんの一人二役でした。僕は美山加恋さんを予想していたので外れです。惜しかった~。

でも、また黛英里佳さんの演技が見てるので「◎」にしておきます。ぼたん役との違いをどう演技するか?そこに注目です。

最後に多摩溜についてです。とんでもないことをしましたが、あの純粋さは「◎」です。

多摩留役の戸塚純貴くんも一人二役で戻ってくることは考えられないですかね?

その男性を美輪子と富貴子で取り合うとか?こういうストーリーはどうでしょうか?かなりドロドロになると思いますが…。

第16話「忘れられぬ事件の爪痕」

美輪子は、事件以来、精神を病むほど弱っていましたが、なんとか元気を取り戻します。美輪子と真澄は、真澄の母萌子のところで暮らしています。崑一は一人でホテル住まいです。一家は借り暮らしのままです。

多摩留の家族は事件の影響で、天ぷら屋は廃業になります。父峰靖も母伊佐子もみじめな暮らしをしています。

そんな中、富貴子がアメリカから戻ってきます。果たしてどんな展開になるのでしょうか?

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑