洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

東海テレビの昼ドラ「別れたら好きな人」の感想

      2015/11/16

東海テレビの昼ドラ「別れたら好きな人」を見ました。

このドラマの設定は面白いですね。

5年前に離婚した元妻が、ある日突然、職場の上司になります。

一度嫌気がさした相手とやり直すためには何が必要なのか?

生活を支え合う必要性なのか、愛情の再燃なのか?

そんなのがテーマのドラマです。

このドラマの放送の時間帯は、丁度車の運転をしていることが多いので、車内TVで見ています。

 

 

「結婚したけど、こんなはずじゃなかった…」と思う人も多いと思います。このドラマを見ていると、「結婚」を考えさせられますね。

若いうちは、男女の愛のゴールが結婚のような感があります。

ところが、いざ年齢を重ねてみると、結婚は恋愛のゴールかも知れませんが、結婚生活という修行の始まりということに気付きます。

恋愛を実らせて結婚へ至るのも大変ですが、結婚生活という修行は、その何倍も大変です。


若い頃、少しでもその辺りのことが分かっていれば、心構え選ぶ相手も違ってきますよねー。もし、来世があるなら、「結婚=修行」ということをしっかりと魂へ刻んでおきたいですね。

 

 

僕が思うに、究極の夫婦関係というのは、何でも話し合って解決できる関係だと思います。

これ最強です。

ここさえ出来ていれば、良い関係を長く続けることができると思います。しかし、現実は…。

これが出来ている夫婦って少ないんじゃないですかね?

凄くシンプルな条件ですが、なかなか難しいことです。

お金持ちか貧乏か?

どこへ住むのか?

旅行やレジャーは?

なんてことよりも、一緒に力を合わせて問題解決できるパートナーかどうか?ということが凄く重要です。

その他の条件は、二の次三の次ですよ。

 

 

もし、生まれ変わったら、どんな状況でも、コミュニケーションをとって、力を合わせて問題を解決できるパートナーと結婚します。以上

スポンサーリンク




 - テレビ&エンタメ