新牡丹と薔薇(第4話)のあらすじとネタバレと感想

公開日: 

新 牡丹と薔薇、第4話「ぼたんが繋ぐ運命の糸」のあらすじと感想です。

真澄は崑一の家でぼたんの面倒を見ています。そして、ぼたんを育てたいと思うようになり、そのことを崑一に話します。

崑一にとり好都合な話で、二人の距離はどんどん縮まります。始めて結ばれる時に、真澄は自分の隠している秘密を崑一へ話そうとしますが、崑一は「話さないで良い」と言います。そして、真澄と崑一は婚約し結婚式を挙げます。

癖の悪そうな崑一の母カオルコも登場します。ぼたんの面倒をみて帰る真澄へ向かって「新しく入ったベビーシッターかい?」と悪たれを付きます。姑として真澄にとり厄介な存在になりそうです。

また、結婚式の前、世奈子のお店で、真澄と崑一と世奈子と3人で話す場面がありました。真澄はから崑一から元妻であることを告げられます。

世奈子は真澄に、きちんと離婚していて問題のないことを説明します。ただ、ぼたんの母なので、「私の好きな時に会わせてほしい」と頼みます。

また、結婚式の最中、世奈子とカオルコは喧嘩となり、世奈子が会場を飛び出していく場面もありました。この昼ドラ、根性の曲がった登場人物が多そうですね。慾にまみれドロドロになって行くのでしょう?

5話では、さらに時間が経ち、真澄と崑一の子供(美輪子)が生まれるようでね?どんな展開になるのでしょう?

2015年12月4日放送
第5話「美しく成長!!花の姉妹」
【ネタバレ】真澄と崑一の子供が生まれます。崑一は美輪子と名付けます。それから時が経ち、ぼたん(黛英里佳)は23歳、美輪子(逢沢りな)は18歳になります。カオルコが弔われた外国人墓地で、美輪子は、ある青年と出逢います…。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑