洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

天海の戯言、明智光秀が「本能寺の変」を起こした理由とは?

   

(個人的見解を含む記事です。)

歴史の探究に嵌っている今日この頃です。

と言っても、一般的な歴史の探究ではありません。

スピリチュアルを含めた真実の追及です。

色々と感じることがあります。

ということで、my備忘録を兼ねて今浮かんでいることを書いています。

織田信長が明智光秀に裏切られた原因は何か?本能寺の変の真実とは?

d93e167ba3f988bc5ba89e45b913aac4_s

「織田信長が明智光秀に裏切られた原因は何か?」

その理由を知っている。

だけど、書かない。

というより、書けない。

お天道様やお月様の下では言えない事だからだ。

それでも、書けというなら、決定的な理由は乱●●●●●●だよ。

織田信長が本能寺でやっていたことは乱●●●●●●だよ。

はっきり言って、その時の織田信長は狂っていた。「天下統一」という大きな欲心があり、その隙を突かれて、魔物に完全に憑依されていた。

新しい世をつくるリーダではなく、社会を闇へ向かわせる先導者だった。

だから、本能寺の変を起こした。

まだまだ、本能寺の変を起こした理由がある。

2つ目の理由が、背景が戦国時代であるが故に、仕方がないことかも知れないが、人の命を軽く見る織田信長が許せなかった。これ以上、織田信長の野望のために亡くなる命を増やしたくなかった。

3つ目の理由は、やらなければ、やられるからだ。自分や自分のまわりの人を守るためだ。

だから、自らの意に反して、本能寺の変を起こした。

でも、それが最善の策だったか?

それは、分からない。

だから、出家した。

天海となり、魂を清める道を選んだ。

そして、人々を覚醒へ向かわせる仕事がしたかった。

因みに、秀吉との関係は良好だった。

本能寺の変の後、秀吉に「お前に討たれたことにしてくれ」と頼んだ。

東海、関東への出家の道を選ぶためだ。

それを歴史書ではこれは「三日天下」と呼んでいる。

天海として出家した後は、江戸幕府を支えた。

陰陽の思考を幕府に反映させ、寺院を配置し、大奥のシステムを構築した。

大奥のシステム構築に多く貢献してくれたがの、親戚であった春日野局だった。

出家し関東へ向かう途中に対面し、「お久しゅうございます」と挨拶された時、全てのビジョンが見えた。

陰陽のエネルギーが上手く循環するシステムに乗った江戸幕府は長期政権となった。

明智光秀と妻煕子

明智光秀は煕子(ひろこ)を愛していた。

そして、真実の愛で繋がっていた。

だから側室は置かなかった。

煕子は、陰陽のことを理解していた。

陰陽のエネルギーを1つにできた。

その純度の高いエネルギーは、明智光秀を高い次元へと導いた。

明智光秀は、高次元へアクセスすること宇宙の叡智が使えた。

叡智と繋がると色々なものが見えた。

普通の人が見えない物が沢山見えた。

オカルトや超能力の話ではない。宇宙の叡智の話だ。

ここが根本的に他の武将とは違う。

特に、他者の陰陽エネルギーとごちゃ混ぜにする織田信長とは違った。

煕子は、女神のエネルギーに満ちていた。

美しかった。

そして権力に染まらない女性だった。

宇宙のことも良く知っていた。

なので、未知の世界を切り開くのに、大きな力となった。

煕子は、明智光秀を支えた。

明智光秀も煕子を守った。

煕子の存在があったからこそ、宇宙がみえた。全てを知った。時代を動かせた。

明智光秀が天海として果たそうとしたことは?

bce985973cee92b11f8c53e70d9e86e3_s

天海としてやろうとしたことは何だったのか?

今世はその続きをする。

それは天地和合、万物和合である。

洗心を広め、民衆を覚醒に導くことである。

多くの人が覚醒する時、地球は変る。

弥勒の世が広がる。

キーになるのは、北極星と北斗七星の和合である。

龍神と女神の和合である。

ここが和合されると、天地和合と万物和合は一気に進む。

全てのものは、もともと1つだ。

宇宙進化のために、いったんバラバラになった。

今、1つへ戻るゲームの途中だ。

しかし、難航している。

それは、多くの人が目隠しされた状態で走っているからだ。

「自分は何者なのか?」

そこに気付いてほしい。

多くの人が自分の正体に気付かなければ、再び、本能寺の変のようなことが起きる。

いや、既に起きているのかも知れない。

気付くなら、今だ。

今こそ、本当の自分に気付く時だ。

心を洗い、欲心や不安などの邪心を全て手放すといい。

全て手放せば、全て揃っているということを知る。

それこそが、人間が求めているものだ。

目隠しされている人間は、目の前に求めているのがあるのに、遠くへ向かおうとしている。

スポンサーリンク




 - my日記