洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

インナーピースとは?メンタルを鍛えてインナーピースへ達する方法

   


bae91bc2d6c92bed152bf0402abf4f4f_s

インナーピースをご存知ですか?

「内なる平和」のことです。

女子テニスプレーヤーの大坂なおみ選手は、プレー中にインナーピース(内なる平和)に達すると何も気にならなくなり、プレーに集中できるといいます。

なるほど~♪

この感覚、分かります!!

時代の流れ的に、物質よりも精神性を重んじている人が増えているので、インナーピースへの探究も始まりそうです。

まわりを気にすることなく、目の前のことに集中するできる能力が身に付いたら目標達成も容易になるし、心の平和も感じられるので、凄く幸せなことです。

今回は、僕なりにインナーピースについての思考をまとめてみます。

インナーピースって何?どんな感じになるの?

78423b3348a7bc53b83d80784bc8a6ed_s

実は僕もインナーピースを感じることがあります。

その状況を言葉では上手く説明できませんが、普段、何かをしている時に、意識がぶっ飛んで別次元と繋がる感覚です。他のことが気にならなくなり、やっていることに集中している自分がそこにいます。

その状況下では、自分の内側の想いを現実に表現できていて、心の充実感や平和を感じています。

「自分がやりたいことが、しっかりと出来ていて、魂と自我が一体化してる!!」って感じですかね?

いつからこういうことが起き始めたのか?

明確には覚えていませんが、精神(魂)を磨いていたら、いつの間にかにそうなりました。

メンタルの重要性に気付いてから、自分に起きることを、全て自己責任として受け止め、自分の感情と向かい合って来ました。

そして、良からぬ感情を起こした時は、自分の思考を改めて来ました。

それを心掛けて生活していると、意識が急激に高まり、インナーピースを感じるようになりました。

また、インナーピースというと、凄く意識レベルの高い人だけに起こることと思われがちですが、必ずしも、そうではないと思います。

意識レベルが高まれば、インナーピースを感じることも増えるかと思いますが、僕のような一般ピープルでも、インナーピースに達することはあると思います。

皆さん、人生を振り返ってみてください。

遊びでも仕事でも勉強でも良いですが、思いっきり何かに集中した体験はありませんか?

時間の経つのも忘れて、夢中で楽しんだことはありませんか?

誰にでも、そういう体験があると思います。

その体験の中で、貴方のいる空間がインナーピースだったり、それに近いものだと思います。

また、そういう集中状態を偶然とせずに大切にして行けば、徐々にですが、意識的にインナーピースへアクセスするようなことも可能になって行くのだと思います。

インナーピースへ達する方法は?

e312f0ecbaadb5636540a338c3ee56a4_s

インナーピースをはじめ、メンタルコントロール方法は難しい面がありますし、まだまだ明確になっていない部分も多々あります。

なので、「こうしたらインナーピースを感じる」というお話でもない気がします。

ただ言えることは、現実の出来事を通して、メンタルを鍛えることだと思います。

メンタルを鍛え、心身を一体化させることが、インナーピースへアクセスする方法だと思います。

僕的に言わせてもらえば、『現実の出来事を通して』というところが非常に重要だと思います。

スピリチュアル界には、メンタルを鍛えるための情報が多々ありますが、現実から離れてしまった、胡散臭いものが多いのも事実です。

あちこちで行われているプログラムやカウンセリングの話を聞きますが、「うーむ」と思ってしまうものが結構ありますよ。

ハイヤーセルフと繋がるとか、高次元へアクセスするとか、真我に気付く方法とか…、色々と氾濫しているので、正しいもの、自分に合ったものを見極めることが大切だと思います。

現実から離れた浮いた情報ではなく、地に足の付いたスピリチュアル情報を選択し、実践することが大切だと思います。

内に広がる小宇宙へアクセスすることです。

170bb85e02fc522e7629690ccf6572c4_s

人間は小宇宙です。自分の内側には無限の可能性が広がります。

インナーピースへアクセスするということは、内なる小宇宙へアクセスすることとも言えると思います。

メンタルを鍛え、魂の波動を高めることで、人間は自らの内側に広がる小宇宙へ気付いて行きます。

人間は無限の可能性に富んでいます。それに制限をかけてしまっているのは自分自身かもしれませんね。

自分を制限している自我を解放して、自分の内に秘められている無限のパワーへアクセスしていけば、インナーピースへ達すると考えます。

スポンサーリンク




 - スポーツ