新 牡丹と薔薇(第3話)のあらすじとネタバレ

公開日:  最終更新日:2015/12/29

新 牡丹と薔薇(第3話)の大まかなあらすじです。眞澄は崑一の家を訪れ、そこで4年前に手放した実子と同じ誕生日のぼたんと逢います。運命の悪戯ですかね。泥沼劇場の幕開けという感じですかね?もう少し詳しく3話のあらすじを話します。

スポンサーリンク

新 牡丹と薔薇(第3話)「咲き誇る薔薇園の恋!!」のあらすじと感想です。

真澄は梅鳳(大物歌舞伎俳優の実父)の楽屋を訪れますが、梅鳳に冷たくあしらわれます。

「お前にお父さんと呼ばれる筋合いはない!二度と来るな!」と言われます。

真澄はショックで荒れた生活を送るようになります。母や友人に当たります。

そして、崑一のローズガーデンを訪れます。

優しくしてくれる崑一と意気投合します。崑一からは、バラのペンダントのクリスマスプレゼントを貰います。

その後、崑一の田園調布の豪邸を訪れます。

崑一の豪邸を訪ねた眞澄は、そこで4歳の少女と出逢います。

名前を聞くと、少女は”ぼたん”とこたえます。さらに誕生日を聞くと12月8日です。

4年前に手放した実子と同じです。眞澄は、少女と実子をダブらせます。運命の悪戯ですかね?

この先、どのような展開になるのでしょうか?

まだ、まったく読めませんが話の展開は速そうです。

次回は…、

■2015年12月3日(木)放送
第4話「ぼたんが繋ぐ運命の糸」

【ネタバレ】眞澄は、ぼたんが広い屋敷で寂しく暮らしていると知り、ぼたんを育てたい、ぼたんの母親になりたいと思うようになります。崑一にぼたんへの思いを話すようになります。

崑一は眞澄との結婚を決意します。しかし、崑一には、眞澄に隠した秘密がありました…。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑