洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

2018年9月23日、秋分の日。悟りを開く日です。【スピリチュアル】

   


IMG_7015

何か起きたら、とにかく騒がないことだ。

静かに座って、自らの内側を見てみることだ。

貴方は、すべての問題を解決することができる。

その理由は、宇宙は、貴方が解決できる問題しか与えないからだ。

というより、貴方自身がステップアップのため、その問題を自らが創り出している。

貴方が創造したものを宇宙が反映しているだけだ。

だから、どんな問題事も解決できる。

問題を解決することで、貴方は1つ上の波動域へ人生の駒を進めることになる。

スポンサーリンク

何か起きて落ち込むのは仕方がない。

人間は弱いもの、どんなに強い人でも落ち込む。

しかし、落ち込んだままはいけない。

切り替えることだ。

切り替え方は色々ある。

多くの人が使うのが、楽しいことを考える方法だ。

つまり、楽しいことへ意識を向けて、辛いことを一端忘れる。

これは確かに有効な手段だ。

マイナスのスパイラルへ嵌らずに済む。

状態の悪化を防止できる。

でも、洗心をし、魂を鍛えている人であれば、さらに上の方法の選択もできる。

それは問題事の中に楽しみを見つけるということだ。

映画でいえば、絶体絶命の主人公になることだ。

その主人公は奇跡を呼び、見事にピンチをチャンスに変えて、状況を逆転してヒーローとなる。ハッピーエンドで映画が終わる。

貴方はこんなストーリーを演じることも可能だ。

となると、問題事の解決の仕方も変わってくる。

まず、自分を問題事の中心に置く。

そして、静かに座る。

後は、自分の創っている宇宙を信じ、内なる神を信じる。

一言で言えば、意識をニュートラルポジションに合わせるということだ。

すると、自然と落ち着く。

そのままにしていると、聡明な叡智も湧き起こる。

アイデアが浮かんだら、それを言動に現してみる。

不思議と神との一体感を感じる。

なんだか楽しくなってくる。

だだ、それだけである。

何かを心配しても始まらない。

マイナスの波動がマイナスを呼ぶだけだ。

それなら、静かに座って、ニュートラルでいればいい。

そういえば、9月23日は秋分の日だ。

昼と夜の長さが同じになる日、すなわち、月と太陽の波動のバランスが取れる日だ。

こういう日は、お月様を見て、静かに座ってみるのが良い。

リラックスできる場所で姿勢を正して座り、月を眺めてみる。

ニュートラルポジションを感じやすい。

話がちょっと逸れましたが、ニュートラルポジションはスピリチュアルを学ぶ上で大切だ。

仏教では中道と言う。

悟りの地点だ。

自らをニュートラルポジションに起き、起きる出来事を見て行くことこそが、悟りの視点だ。

貴方は悟りを開くために地球に来た。

騒然とする世間に振り回されるのを止めることだ。

自らをニュートラルポジションに起き、出来事の中心に楽しみを見出してみる。

これが宇宙と一体となるということ。

神の一体になるということ。

この世は因果応報だ。

どんなことにも原因と結果があり、全てのものは自らが創り出している。

難題を解決して、自らがヒーローになるために創り出している。

自分で創ったもの、楽しむしかないよ(^^♪

スポンサーリンク




 - スピリチュアル