洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

「苦しい…辛い…息苦しい…」と感じていたら…【アセンション】

   


otoko500-350

もし、「苦しい…」「辛い…」「息苦しい…」と感じていたら、何かを捨ててごらんよ。

何かを捨てるとは、何かを求めないこととも言い換えられる。

簡単に言えば、「このままでいい」と思うことだ。

人間の行動を見ると、肉体次元では「このままでいい」はお得意なところのようだ。

上を見て努力もしたくはないし、変化ははっきりいってしんどいことだ。変化を好まない傾向がある。

しかし、精神面でいうと逆のようだ。

心の隙間を感じれば、苦しいし、何かでこれを埋めようとする。このままでいいとは思わない。必死になってアクションを起こす。

恋愛で埋める人、食べ物で埋める人、ダベリングで埋める人、人それぞれだ。埋めるものは他にも沢山ある。

自分の本意で行動するのと、何かを埋めるために行動を起こすのとでは、天地の差がある。

多くの人を見ると、「自分を見て」というと、自我を見てしまうんだよ。

自我は本意ではないよ。

本意とは、自我を折り、真我の想いに気付くことだ。

恋愛で心の隙間を埋めれば、恋愛依存地獄へ落ちる。

相手が真剣に受け止めてくれれば、やがて真実の愛に気付くが、相手が本気でなければ、心の隙間はさらに広がる。

男女の追いかけっこが始まり、追えば逃げるのが動物の習性だ。無意味な男女の駆け引きが始まる。

食べ物で埋める人、このタイプの人の結末は単純明解で、デブになる。デブは万病のもとだよ。良い事は何もない。健康であってこそ、人生を楽しめる。

ダベリングで埋める人、この人は何も進化せず、時間だけが過ぎて行く。時間の無駄遣いに気付く時は既に時遅しだ。霊安室への一本道を歩んでいる自分に気付く。

他にも心の隙間を埋める手段はあるけど、どれを取っても、望むゴールは見えてこない。求めるものは見えてこない。覚醒も程遠いし、幸福はついには訪れない。

だから、「苦しい…」「辛い…」「息苦しい…」と感じたら、それを何かで埋めないことなんだよ。

何かを求めないことだよ。

自我を折り、本意に気付くことだよ。

一時しんどいかもしれないけど、「苦しい…」「辛い…」「息苦しい…」という思いは、そのままにしておくことだ。そして、自我を折っていくことだ。

スポンサーリンク

思考を切り替えてみる

思考を切り替えてみる。

しんどい状況を変えたいのなら、思考を切り替えてみると良い。

何かを求めずに、思考をマイナスからプラスへ変えてみる。

例えば、ワイン好きの人がいるとする。

お好みの高価なワインを貰い、少しずつ楽しんでいた。

残りが半分になった。

「あと半分しかない…」と思えば、気分も落ちる。逆に「まだ半分もある!」と思えば、気分は高まる。

同じ状況でも、基準をどこに置くかで、自らが発する波動が変わる。

思考を切り替えた結果、波動が変わる。

プラスの波動を発するか、マイナスの波動を発するか、それはその人の思考によって決まる。

知られていることだが、プラスはプラスを呼び、マイナスはマイナスを呼ぶ。

宇宙の真理は、正確に自分に巡ってくる。


プラスはプラスを呼び、マイナスはマイナスを呼ぶ。

宇宙には引き寄せの法則が働いている。多くの人が知っていると思うが、類は友を呼ぶということだ。

プラスはプラスを呼び、マイナスはマイナスを呼ぶ。そして、同じ波長同士が共鳴する。

現実へ立ち向かい幸福へ向かおうとすれば、同士が現れ、前進するギアが入る。

現実から逃げて自我を優先すれば、同士が現れ、傷を舐め合う。何の前進もない。

できれば、前進したいものだ。

それには、プラスの波動を発すればいい。

「苦しい…」「辛い…」「息苦しい…」と感じていたら、マイナスの波動を発してしまう。

プラスの波動を発するには、物を見る基準のバーを下げればいい。

拘っている何かを捨てて、バーを下げればいい。

自分を高いところに置かず、一番下に座ればいい。

下座をすれば良いということだ。

菩薩は下座を知っている。

だから、我々より神を知っている。

世の中を見てみようと、世の中には住む家も、食べ物もない人がいる。

それと比べれば、今は恵まれているじゃないか?

住む家も食べ物もあるじゃないか!

それって物凄くプラスなことじゃないか!

何かを求めるから、楽しくなくなるんだよ。

求めるものを捨ててみよう。

とにかく捨ててみよう。

余計なものは何もいらないよ。

いらないものは捨てよう。

「苦しい…」「辛い…」「息苦しい…」と感じたら、「何かを捨てなさい」という宇宙からサインだ。

「求めるのを止めなさい」という宇宙からのサインだ。

シンプルに生きるところに幸せはあるのさ。

P.S.

「求めるのを止めなさい」というと、それにつまらなさを感じる人がいる。

そして、目の前の楽しさを追いかける。

僕の経験から言うと、違うんだな~。

「得るは捨てつるにあり」なんだよ。

求めるから手に入らないんだよ。捨てるから手に入るんだよ。

それを伝えたいが、なかなか伝わらないね。

神は自らの外側にはいない。

神は自らの内側にいる。

そして、意識を内側へ向けることが、目の前の「苦しい…」「辛い…」「息苦しい…」という問題を解決する唯一の手段だと思う

全て手放した先に、真の楽しさがある♪

地球アセンションは続く、地球の波動も、人の波動も高まっている。

ここに気付く人も増えていくと思う。

一人のでも多くの人が、求めないことと内なる神に気付くことを祈っている。

スポンサーリンク




 - スピリチュアル ,