洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

村田諒太さんのコメントは素晴らしい!本当の強さを見た!!

   

1つ大きな拘りを捨てる時が来たようだ。

そして、大きな拘りを1つ捨てた。

拘りは執着と言ってもいい。

「こうあるべきだ!!」という偏った考え方だ。

その時点では、自分にとり絶対的正義かも知れない。

しかし、時間が経ち、違った角度から見ると、正義とも言えなかったりする。

全ての物事がそうだ。

例えば、犯罪を考えてみる。

犯罪は「悪」に決まっている。

現実的に犯罪を起こしたら、罪を償う必要がある。

AさんがBさんのお金を盗んだとする。

Bさんが絶対に悪く、Aさんが絶対的正義だ。

Bさんは罪を償う必要がある。

これに異論はない。

しかし、高次元的にみれば、犯罪を犯した者にも、その人なりの理由がある。

過去世というものがあって、過去世では、逆にAさんがBさんのお金を盗んでいるかもしれない。

お金を盗むことは許されないことだが、過去世のカルマの清算と考えれば、帳尻が合う。

現実だけを見て、あっちが悪い、こっちが悪いと言っても、それだけでは判断できないのが、高次元を含めた私たちの生活である。

まあ、その場合も、Bさんにとっては許す学びがあり、そのままカルマを返すのは好ましいことではないが。

スポンサーリンク

日本ボクシング連盟の告発問題

今、世間では、日本ボクシング連盟が告発された問題で騒いでいる。

その中で、村田諒太さんの取った行動は素晴らしいと思った。感銘をした。

facebookでは「そろそろ潔く辞めましょう、悪しき古き人間達、もうそういう時代じゃありません。」と現体制の日本ボクシング連盟へ意見をした。

すると、怒った日本ボクシング連盟の山根会長はテレビ番組で「生意気だよ!」などと村田諒太さんを非難した。

それに対し、村田諒太さんは「色んな人に、勝手なこと散々言われて落ち込んでない?とか声かけてもらったりしていますが、何一つ気にしていないので大丈夫です。」と切り出し、「これは明らかな名誉毀損だよ、というようなことを言っていると聞きましたが、プロとして頑張っている中、そんな裁判したくないので、それも無視しますね。」と余裕の対応を見せた。

僕はこの発言を聞いて、「これだ!!」と思った。

本当の強さを見た。

この世には色々な争いがある。

争いを避ければ、争い以前となる。

立場の弱い者が、辛い思いをするだけである。

しっかりと主張することが大切だ。

しかし、一方、主張して相手が反論して来た時に、殴り合っても意味がない。

議論は必要だが、まったく意見の違う相手をスルーすることも必要だと思う。

その時に絶対的正義に拘っていると、自分のレベルを下げる。

自分に何かすべきことがあれば、それに向かえば良い話で、接点を見出せそうにない異物に合わせる必要はない。

現実の中でスルーして拘らないことも和合の1つだと思う。

高次元を含めていえば、接点を見出すということになるのだろう。

拘りってなんだ?

拘りというのは、相手に与えるものに対して使うもののようだ。

自分のために使えば、下手な拘りになる。

何かにぶつかり動かない状況に陥ったら、解決できない争いに陥ったら、下手な拘りに気付く時かもしれない。

自らが握りしめている拘りを探してみると良い。

その拘りの中に、目の前の壁を破るヒントが隠されている。

絶対的な正義を捨ててみる。

拘りを捨ててみる。

不思議とそれで楽になるし、現実が動き始める。

現実が動くのなら、こっちが絶対的な正義なのだろう?

自らの目標へ向かって、自らを表現することに集中する方が、絶対的正義に拘っているより楽しい。

人生は楽しいを選ぶべきだと改めて思う。

スポンサーリンク




 - my日記