洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

戦闘とか、B29撃墜とか、TOKIO会見とか、スピリチュアルで見ると…

   

こんにちは。

昨日、近所を歩いていると昭和の時代の写真を展示しているお店がありました。

地元の昔の写真を20枚くらい壁にかけています。

その中の一枚に目が釘付けになりました。

昭和20年のもので、アメリカの爆撃機B29が撃墜された墜落現場の写真です。

白黒ですが、B29の残骸と集まってきた人々がはっきり写っています。

そして、その現場の現住所が載っています。

なんと、私の家のすぐ近くです。

私の家から300mくらいのところです。

早速、そこへ足を運んでみました。

今は、どなたかの住宅です。

でも、今から約70年前に、ここにB29が落ちたと思うと、物凄く悲しいものを感じます。

爆撃される人の気持ちは?

墜落するB29の搭乗員の気持ちは?

戦闘って何ですかね?

人の命って何ですかね?

色々と考えさせられました。

スポンサーリンク

今朝、目が覚めると、誰か(高次元の意識体)が来ていて、戦争についての対話になりました。

「戦争の原因は、人間の宜しからぬ慾です」と言っています。

確かにそうですね。

人間が宜しからぬ慾を満たそうとして、その行動が最大になったのが戦争です。

となると、悲惨な戦争を起こさないようにするには、一人一人が「宜しからぬ慾」を捨てることです。

地球上の全員が宜しからぬ慾を捨てれば、戦争は起きません。

話変わります。

テレビに目をやると、今日もTOKIOの話題です。

4人のメンバーの会見の様子が放送されています。

それを見て、「この事件の原因も、宜しからぬ慾だよな~」と思いました。

山口達也メンバーは、宜しからぬ慾に負けた顕著な例です。

皆さん、宜しからぬ慾を持っていても、何も良いことはありません。

トラブルを引き寄せるだけです。

宜しからぬ慾を手放しましょう。

洗心しましょう。

それが平和への道です。

幸福への道です。


世界平和とは、地球で暮らす全員の平和が集まったものです。

個人の平和を全て合わせると世界平和になります。

カリスマ的なリーダが現れて、地球を平和な星にするわけではありません。

「気付いた人から自らの宜しからぬ慾を捨て、それを見て、隣の人が宜しからぬ慾を捨てる。」

こうして平和の輪が広がっていきます。

まず、自らが洗心をして、宜しからぬ慾を捨てることが大切です。

欲望を満たそうとしたら、とにかく止めることですね。

内観をして自分の宜しかぬ慾に気付いてください。

小さな宜しかぬ慾が沢山存在すると思います。

それを1つ1つ捨てて行くことが、世界平和への道です。

話をTOKIOの会見に戻します。

賛否両論あると思いますが、4人を見ていると、複雑な気持ちになります。

今日は、会見までの裏の動きも報道されています。

見方によっては、小さな戦争ですよね。

山口達也メンバーの宜しかなぬ慾から始めり、被害者やその家族の方々が悲惨な思いをしています。

そして、同じグループとはいえ、直接関係のない4人が悲惨な体験をしています。

また裏では、事務所も含めて、色々な駆け引きもあるのでしょうか?

詳細は分かりませんが、人間の宜しからぬ慾が絡み合った悲惨な事件です。

この事件はスピリチュアル的にも、色々な意味があると思います。

その1つが宜しかぬ慾を捨てることです。

私たち一人一人が、宜しからぬ慾を捨てることの大切さに気付くことだと思います。

宜しからぬ慾を持っていて、何も良いことはありません。

不幸の輪が広がるだけです。

特別である必要はありません。

平凡で良いではないですか?

凄くなくて良いですよ。

普通で良いではないですか?

幸せとは平凡や普通の中にあると思います。

世界平和は、平凡で普通なことです。

スポンサーリンク




 - my日記