洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

我を折ることが出来ると、新しい道が開く【2018スピリチュアル】

   


stockfoto_88686178_XS

こんにちは(^^♪

洗心の「常の心」の文言に「我を折り、宜しからぬ慾を捨て」とあります。

ここが理解出来ると、人生が思ったように動きます。

今日は、そのあたりの話をします。

洗心をしていないと、人は、我(自我)の欲望を満たそうとします。

無意識の内にそのスイッチが入っていて、欲望を満たすために、あれこれ考えます。

この状態は、悪魔や邪心と繋がりやすい状態です。

欲望を満たそうとあれこれ考えていると、いつの間にかに、悪魔が横に来て、その方法をつぶやきます。

その人は、それを実行します。

結果、欲望が叶うこともあれば、叶わないこともあります。

しかし、どちらにしても、真の幸福感や充実感を体験することはありません。

また、次の欲望へ向かうことになります。

欲望を満たすというスピリチュアル地獄へ落ちて行きます。

スポンサーリンク

得るは捨てつるにあり

幸福を体験したければ、欲望を満たす渦から、抜けることが重要だと思います。

そこには、貴方が想像したこともない世界が広がります。

それには、洗心をし、我を折り、宜しからぬ慾を捨てることです。

ここ、なかなか理解できないことですかね?

確かに、精神的にかなりハードルの高いことです。

しかし、やることはシンプルなので、そのハードルを簡単に乗り越えてしまう人もいます。

我を折り、宜しかなぬ慾を捨てることができるようになると、まったくの別世界を体験することになります。

その別世界とは、想定外の理想の姿です。

常識を超えた夢の世界とも言えますね。

「こんな世界があったの?」ということを体験します。

望みの全てを、一度捨ててみてください。

夢の全てを、いったん捨ててみてください。

捨て去った向こう側に、実は全て揃っていたという世界を知ります。

まさに、「得るは捨てつるにあり」です。

覚醒の鐘を鳴らし続けます

悩んでいる人ほど、何かに拘っています。

「絶対にモノにする。」

「絶対に手に入れる。」

「それ以外に考えられない。」

などです。

しかし、それらは、どれも自分の持っている知識のみで考えたことです。

そんな小さなものに拘って、何が生まれるのでしょうか?

宇宙はとてつなくでっかい存在です。

そして、宇宙の叡智は素晴らしいものです。

個人が小さなことに拘れば、とてつもないでっかい宇宙を感じることもありませんし、宇宙を叡智に触れることもありません。

執着は全て手放すことです。

洗心でいえば、我を折り、宜しからぬ慾を捨てることです。

ここが分かる意識レベルを持った人が増えていますね。

今の流れに乗って、洗心の世界の凄さを体験することをおススメします(^^♪

2018年、アセンションの波が次々に寄せて来ます。

今こそ、新しい意識を開くチャンスです。

このブログは、覚醒の鐘を鳴らし続けます。

鐘の音に気付いた方から、洗心をはじめてください。

■関連記事

>>2018年スピリチュアル、殆どの人がアセンションを体験する!!

スポンサーリンク




 - スピリチュアル ,