洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

映画「鎌倉ものがたり」の感想

      2017/12/18


kamakuramonogatari01

今、上映中の映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」をみてきました。

面白かったですよ!!

愛とファンタジーの世界を楽しめました♪

オススメの作品です。

評価:★★★★☆(四つ星)

スポンサーリンク

鎌倉ものがたりの感想とレビュー

ネタバレしない範囲でストーリーをお話しします。

幽霊、魔物、妖怪といった「人ならざるもの」が日常的に姿を現す鎌倉が舞台です。

一色正和(堺雅人)のもとに嫁いできた亜紀子(高畑充希)は、妖怪や幽霊が人と仲良く暮らす鎌倉の街に最初は驚くが、次第に溶け込んでいきます。

ある日のこと、亜紀子が不測の事態に巻き込まれ、黄泉の国へと旅立ってしまいます。正和は、亜紀子を取り戻すために、黄泉の国へ向かいます……。


個人的に感想を書くと、この映画のテーマは【無条件の愛】と【創造】かと思います。

「この人とずっと一緒にいたい」と思えることって素敵ですよね。

現代人は、「あーだこーだ」と色々と条件を付けたり、自分優先の希望を出して、関係を破局させたりします。

素直な気持ちで、現実を受け入れて、二人で力を合わせることが重要です。

二人で長く一緒にいる秘訣だと思います。

正和が亜紀子を連れ戻しに黄泉の国へ行くますが、死神が「その人の想い次第で黄泉の国の姿も変わる」というようなことを言います。まさにそうだと思いました。

黄泉の国も現実もそうですが、全ては宇宙エネルギーで出来ています。すなわち、人も山も海も物も、本当は存在しません。

人の発する想念が映し出した世界です。

この映画の影響で、そういった認識が広まると良いですよね。

そして、創造(想像)の大切さを物語っていました。

創造(想像)というエネルギーを使えば、あらゆる希望を創り出すことも出来ます。

映画を世界での話でなくて、今生きている現実にもいえることです。

スピリチュアル的な要素を多分に含み、面白く表現していて、とにかく楽しめました。

最後に、鎌倉は僕が大好きな場所です。

時折、神社仏閣、鎌倉の街、海や山、そして、グルメスポットを訪れています。

この映画の影響で、鎌倉巡りがさらに楽しくなりそうです(^^♪

次の記事映画「鎌倉ものがたり」の感想【2】

スポンサーリンク




 - テレビ&エンタメ