8888 新世紀の扉が全て開き、八百万の神が降りた。

公開日: 

【2017年8月のアセンション情報】

先日の雷雨は凄かったですね。

ここ数日、各地で雷雨が激しく降っています。

僕は雷雨で新世紀の扉が開くのを感じました。

新世紀の扉が開き、八百万の神が降臨しました。

神と人が現実の中で共生する時代が幕を開けました。

スポンサーリンク

八百万の神が降臨し、全ての扉が開いた。

新世紀の扉が開いた。

女神が降りた。
天照大御神が降りた。
天之御中主神も降りた。
伊邪那岐、伊邪那美も降りた。

雷神の誘導で降りた。

いよいよ本番だぞ。

現実は1つなのに対し、
高次元というのは、人の数だけある。

人の数だけ宇宙が存在する。

貴方の宇宙を具体的にできるのが現実だ。

そして、貴方の宇宙を他人と共感できるのが現実で、他人の宇宙を貴方も共感できる。

お互いの宇宙を合わせることができるのは現実だけだ。

降りた神を現実に現せ。

我々にはそれができる。

そのレベルに到達した。

8888、ついに全ての扉が開いた。

無限大の可能性を秘めた波動の時代が始まった。

神を降ろした者同士が心を通わせる時代となった。

生きるとは、人と心を通わせることだ。

誰かと心が通った時に、人は生きていうこと実感する。

好き、嫌い、楽しい、鬱陶しいと様々な感情の中にこそ、生きている実感がある。

さあ、高次から流れ出る波動を感じ、どう現し、貴方は誰と心を通わせるのか?

高次元が素材なら現実は料理だ。

創作料理だ。

何を創るのか、それはコックの腕の見せ所だな。

美味い料理を作っておくれよ。

宇宙の神々は皆、グルメ揃いだぞ。

美味しい料理を楽しみにしておる。

五次元地球社会はなかなか面白そうだ。

まいうー

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑