ハイヤーセルフと繋がる方法

公開日: 

1357599443

ハイヤーセルフと繋がる方法を紹介します。

ここで紹介するのは、ハイヤーセルフと確実につながり方法です。

巷で言われている信憑性のない方法ではありません。また、滝打たれる、断食など一部の修行層が実現できるような特殊な方法ではありません。

個人差がありますが、継続していえば、一般人でもハイヤーセフルとつながることができます。

それでは、

早速、

ハイヤーセルフとつながる5つのポイントを伝授します。

取り組みやすいものから始めてください。

スポンサーリンク

ハイヤーセフルとつながる5つのポイント

1.既にハイヤーセルフと繋がっていると思うこと

ここは凄く大切なポイントです。

実は、この世に存在しているということは、既にハイヤーセルフと繋がっています。

人間とは、自我とハイヤーセルフがセットになって、肉体に宿った存在です。

なので、「ハイヤーセルフと繋がっていない」と思わないでください。

また、「ハイヤーセルフと繋がりたい」と思わないでください。

繋がっていないと思えば、その現実を引き寄せます。また、繋がりたいと思えば思うほど、それが欲となり、欲が邪魔して、余計にハイヤーセルフを感じなくなります。

まずは、ハイヤーセルフとは繋がっていると、腑に落とすことです。その自覚を持って生活をしましょう。

徐々にハイヤーセフルを感じるようになります。

2.本当の自分を生きること

日常生活の中で、常に、自分の本当の気持ちを意識してください。

「自分は何を感じているのか?」

「自分は何をしたいのかのか?」

「自分は何をしたくないのか?」

と、自分自身を観察する習慣を持ってください。

その感覚こそがハイヤーセフルの感覚です。

本当の自分で生きるようにし、逆に、本当の気持ちと違うことは言動に移さないようにします。

簡単にいうと、気の向くことをし、気が進まないことはしないことです。

自分の本当の気持ちの通りに生活ができるようになると、ハイヤーセフルを感じるようになります。

3.直感で生きる

日常生活の中で、何かを選択する時に、直感を優先してください。

直感こそ、ハイヤーセルフからのメッセージです。

例えば、買い物へ行き、A商品にしようか、B商品にしようか迷ったとします。

その時は、直感で決めます。あれこれと余計なことを考えずに直感で決めます。

買い物の後、「やはりこっちにして良かった」と思えれば合格です。

4.ハイヤーセフルと対話する

常にハイヤーセフルと対話するようにしてください。何か疑問を感じた時には、ハイヤーセルフへ質問してください。

そして、答えを求めます。

もし、答えが返ってこない場合は、自問自答としてください。自分が感じたことを声に出してましょう。

占いへ行ったり、誰かに何かを相談する場面では、それを自分自身にします。そして、自分で答えを出すようにします。

いつしか、質問をすると声なき声が返ってくるようになります。

注意したいことは、悩みことを極力他人に相談しないことです。占いはハイヤーセルフを遠ざけます。

ハイヤーセルフの存在と答えを信じます。それが、ハイヤーセルフと繋がりを強くします。

5.瞑想をする

無理のない範囲で瞑想をしましょう。

一人静かな場所に座って、軽く目を閉じます。特別な手法はいりません。自分の内側と向かい合ってみましょう。1回20分くらいを目安とします。

以上

「ハイヤーセルフ」は本当の自分です。自分の本体です。

それに対して、生活する意識を「自我」と言います。

覚醒前は、ハイヤーセルフと自我が別々に動いています。

ハイヤーセルフと繋がるには、慾や不安を捨て、自我を鍛えることです。

日常生活の中で、宜しからぬ慾を捨て、不安を起こさないように強く生きることです。

そうすると、自我が進化し、ハイヤーセルフと自我が一致し始めます。

自我を鍛えながら、上の5つのポイントを意識してみてください。

ハイヤーセルフを実感するようになると思います。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. あきなべ より:

    すごく響く内容でした。自分が考えていることとシンクロしてるとさえ思います笑
    いつもありがとうございます。

    • nori より:

      あきなべさま
      いつもブログを読んでいただき有難うございます。
      今後とも宜しくお願いいたします。
      ノリ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PREV:
一兆円
NEXT:
準備
PAGE TOP ↑