ネガティブな出来事はギフトです!覚醒への案内人です!!

公開日: 

まず、滝行体験について書きます。

僕は、滝行の体験はありません。

しかし、どんなものか、今は良く分かる気がします。

きっと、滝行は、覚醒を得るためのものでしょう。

ウィキペディアで「滝行」を調べてみました。

気になる箇所を抜き出します。

・滝壺に入り気合を入れる。はじめは冷たさや衝撃で苦しいがそれをこらえる。

・徐々に苦しさが消えてゆき、水に打たれる感覚だけが残る。

・滝という激しい水の中では雑念が湧く余裕すらなくなる。精神統一が行いやすい。

・自然と向き合い自然と一体化する体験を得る

まさに、覚醒です。

スポンサーリンク

ここからが本題です。

日常生活の中で、誰もがネガティブな出来事と遭遇します。

そのネガティブな出来事は、滝行と似ていませんか?

僕は、めちゃ似ていると思います。

ネガティブな出来事と遭遇すると、人は「御法度の心」を起こします。

御法度の心とは、憎しみ、嫉み、猜み、羨み、呪い、怒り、不平、不満、疑い、迷い、心配心、咎めの心、いらいらする心、せかせかする心です。

そして、これらの想念の渦の中に入っていきます。

物凄く嫌な気分になります。

重くなります。

まわりから打たれます。

苦しいです。

絶望的にもなることさえあります。

まさに、滝行です。

滝壺の中で、激しい水に打たれている状況と似ています。

僕は、ネガティブな出来事に遭遇したら、滝行をイメージします。

そして、気合いを入れて、ネガティブな想念のど真ん中へ移行します。

はじめは苦しいですが、逃げずにネガティブな想念に打たれていると、徐々に苦しさが消えて行きます。

そして、自分が置かれている状況だけが残ります。

ちょうど、上から自分を見ている感覚です。

意識が背後へズレ、第三者として自分を見ています。

「俺、何を体験しているのだろう?」

「相手が悪いと思うけど、でも、これも俺が引き寄せているんだよな~」

「だったら、この出来事から何を学ぶのだろう?」

「これを体験するために、地球に来たんだよな~」

そんな意識領域に入ります。

すると、まったく違う次元に繋がります。

問題事が起きている意味が分かります。

自分の課題にも気付きます。

課題に気付けば、修正することも出来ます。

自分を修正することで、問題事をクリアすることが出来ます。

一回り大きな自分になり、自分の波動も高まります。

この作業を重ねているうちに、いつの間にかに、自分の波動が高まり、高次な位置にいることに気付きます。

ネガティブな出来事は、間違いなく自分のためにあります。

覚醒のためにあります。

[PR]半年で出費が減り、給料が昇給しました!久しぶりに海外旅行へ行きます!

>>風水財布で開運した人たち

(財布屋)

ネガティブな出来事は、滝行と同じです。

激しい想念の中では余裕がなくなります。辛さを抜ければ、精神統一しやすくなります。

出来事と向き合うことで、自然(神)と一体化する体験を得ます。

ネガティブな出来事が起きたらチャンスです。

決して、誰かの責任にしてはいけません。

誰かの責任にすれば、滝壺へ入って行けません。

覚醒は、滝壺の中にあります。

ネガティブな出来事を起こしてくれた相手は、覚醒への案内人です。

恩人です。

感謝します。

影では、相手の顔を思い浮かべて、拝むことです。

そうすることで、魂の波動はどんどん高まります。

だたし、相手の言いなりになれということではありません。

自分の主張はしっかりとすることが重要です。

これも修行です。

本心からの想いは、明確に相手へ伝えることです。

言葉を呑んではいけません。

主張のポイントは、ネガティブな想念と切り離して、本心だけを相手へ主張することです。

本心だけの言葉は相手へも伝わります。

こうすることで、縦の波動(主張)と横の波動(相手を受け入れる)のバランスが取れて、新しい意識の扉がどんどん開いて行きます。

相手を受け入れることと、主張の2つを揃えることで、覚醒への扉が開きます。

ネガティブな出来事も、覚醒のための滝行と思えば、前向きになれます。

わざわざ山奥まで行かずに、滝行体験ができると思えば、前向きになれます。

ネガティブな出来事は、まさに宇宙からのギフトです。起こしてくれた相手は恩人です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑