「希望を捨てると希望が叶う」とは、どういうこと?

公開日: 

『希望を捨てると希望が叶う』とは、どういうこと?

▼記事を読む前に

自我は、顕在意識のこと、生活する意識のことです。

真我は、潜在意識のこと、本当の自分のことです。

人間の意識は、自我と真我から成っています。

▼ここから本文です。

「希望」について質問を受けたので、僕の見解を書きます。

希望には2つあると思います。

1つは、自我から起きる希望です。

もう1つが、真我から起きる希望です。

魂の波動が低い状態では、自我からの希望が主となります。

いわゆる、宜しからぬ慾というものです。

宜しからぬ慾は、「自分が優先」という思考で、下心を伴います。

「お金持ちになりたい」「権力が欲しい」「理想の異性と結婚したい」「海外旅行へ行きたい」「時間とお金に左右されずに、自由に暮らしたい」「高級車に乗りたい」「ブランド物がほしい」「高級レストランで食事をした」「贅沢をしたい」などです。

そして、自分の慾を満たすために、あれこれやるわけです。

しかし、自我から起きる希望を追いかけても、自分が満たされることはありません。

それどころか、色々なトラブルに見舞われ、地獄を見るようなことになります。

地獄を見た人は、にっちもさっちも行かなくなります。

最後は「神様、どうかお助けください」と神頼みに走ります。

これが真我に気付くタイミングです。

自分の至らなさを反省をすることで、真我へ意識が向きます。

真我は、本当の自分であり、神と繋がっている意識です。

神と繋がっているので、そこから湧いて来る想いは、まっとうなものです。

真我に気付くことで、本当の自分の想いが浮かんで来るようになります。

「他人の役に立つ仕事がしたい」「家族を幸せにしたい」「自分よりも恋人の方が大切だ。幸せにしたい。」「街を綺麗にしたい」「自然を大切にしたい」「他人を尊重した生き方をしたい」などです。

これが先に述べた2つ目の希望です。真我から起こる希望です。

スポンサーリンク

僕は洗心を知り、自我から起こる希望を徹底的に捨てました。

宜しからぬ慾を捨て、心を洗い、魂の浄化をしました。

すると、自我と真我が繋がり始め、真我から起こる希望を強く感じるようになりました。

真我の希望を言動に移すと、何事もスムーズです。

自我の希望を言動に移すと、トラブルを引き寄せますが、真我の希望を言動に移すと、自然と願いが叶います。

それは、神の想いと自分の想いが一致しているからです。

人力だけなく神力が働いているからです。

楽々上手く行くとは、この状態のことです。

そして、楽しんで生活をしていると、本当の幸せや充実感を体感することにもなります。自分が満たされます。

ここが分かると、人は、自我の希望を捨てた先に、自分の本当の希望があることを知ります。

『一端、全ての希望を手放してみる。すると、本当の自分の想いに気付く。全て手放した向こう側に、全て揃っている世界があることを知る。』

このことが分かるようになります。

「得るは捨てつるにあり」ということです。

[PR]困難を乗り越え目標達成を導く。成功と希望のパワーで明るい未来へ。宝石のように美しいエメラルドブルーのストーンです。

>>ブルートパーズ プレミア ブレスレット

(ココロパルレ)

まとめ、

希望には2つあります。

自我から起きる希望と、真我から起きる希望です。

自我を捨てることで、真我の希望に気付きます。

真我の希望を現実にすることで、幸福感や充実感に包まれます。満たされた自分を感じます。

また、自分の波動も高まっているので、経済的や物質的にも豊かになります。良い人間関係にも恵まれます。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 横山 理花 より:

    素敵な考え方ですね。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑