少年野球の練習、下手糞な息子がチームのエースになった!!

公開日: 

baseball-practice02_300

息子が小学校3年生の時、地元の小学校の少年野球チームに入団しました。

ある日曜日、少年野球チームの練習を見に行ってみると、

正直言って…、下手糞ーーーーーー。。

外野を守っていて、

フライが来ると、

バンザーーーイ。

「もう、降参です。」といった感じです。

スポンサーリンク

練習後のことです。

息子が「僕、レギュラーになりたいんだ…」というので、「なら、毎日1時間早く起きて、一緒に野球の練習をしよう」と言いました。

そこから、親子二人三脚での少年野球の練習が始りました。毎日の朝練は、息子が高校へ行くまでの7年間続きました。

雨の日は、高速道路の下へ行って練習をしました。

僕は「コツコツと1つずつ積み重ねること」を伝えたいと思っていました。

毎日練習をすれば、下手糞も上手くなります。

息子は少年野球チームのエースになり、シニアに進み、高校野球へ進みました。

そんな息子も、今は大学生です。都内の某大学へ通っています。

もう完全に親から離れて、自分の道は自分で見つけて歩んでいます。

僕は「勉強しろ!!」と言ったことはありません。

でも、行きたい大学を自分で決めて、コツコツと勉強をし、難関を突破しました。

今は税理士になりたいようで、大学生活を楽しみながら、税理のテキストを片手に勉強しています。

僕は、その姿を横で見ています。

もう見守るだけですねー。

親が口を出すことはなくなりました。

自分の道を自分で決めて、あとは、自信を持って一歩一歩進んでくれれば良いと思っています。

想ったことをじゃんじゃんしてほしいし、自分らしく生きてほしいですねー。それだけです。

息子との野球生活は良い思い出です。

それに、今振り返ってみると、自分の成長だったのかも知れませんね。

ちょっと思い出したら、懐かしくなりました。

今日は勝手な思い出話です。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑