鎌倉の海蔵寺にある十六ノ井へ行って来ました(^^♪

公開日: 

昨日は、ぶらっと鎌倉へ行きました。

映画「シン・ゴジラ」で、ゴジラが鎌倉へ上陸するシーンがあります。

その場所で写メ撮って来ました♪

gojira01

gojira2

僕、こういうの好きなんです。

深い目的はないんですが、なんだかウキウキします~(^^♪

映画のシーンの場所へ行ってみるのが楽しいです~(^^♪

そして、その近くにある海蔵寺へ寄って来ました。

IMG_9783

IMG_9806

海蔵寺へ行くと、十六ノ井へ引っ張られました。

十六ノ井は、仏殿脇の小道の奥にある洞窟内に掘られた井戸です。

地面に、直径70cm x 深さ50cmほどの16個の穴があり、それぞれから水が湧き出てています。

洞窟の奥の中央に、観音菩薩像が祀られ、その下方に弘法大師像が安置されています。

その洞窟の前に立ち合掌をすると、弘法大師像に宿る意識体と繋がりました。

「全ては体験です。」というメッセージが飛び込んで来ました。

ひんやりとする洞窟の空気が伝わってきます。

風の音が聞こえます。

水の流れる音が聞こえます。

ウグイスのさえずりが聞こえます。

そして、近くを通る原付バイクの音が聞こえて来ます。

自分の内へどんどん入っていくと、

「全ては体験です。」

という声なき声が聴こえ、色々なビジョンが浮かびました。

この世は、自作自演の超バーチャルムービーを見ているに過ぎません。

目に見える現実は、実は存在しません。

目の前の存在、人も物も全て、自分が見ている映像に過ぎません。

魂の存在である私たちは、肉体をまとうことで、現実波動レベルを体験しています。

全ては体験で、体験することで学ぶでいます。

ただ、それだけなんです。

だから、目の前の人や出来事を変えようと働きかけても意味がありません。

また、せっかく体験をしているのに、そこから遠ざかることも無意味です。

ちょっと表現が難しいですが、そういうことです。

そして、全ては体験だということを腑に落とすところに悟りがあります。

こうして弘法大師は悟って行ったのですかね?

苦悩も体験をしているに過ぎない

「自分に起こることは、全て自分が選んで、体験しているだけ」

そう思うと、見えるものが変わって来ます。

苦悩のルーチンから抜けることも出来ます。

苦悩は体験してしまえば良いだけです。

体験してしまえば不要となります。

なので、逃げずに体験すれば苦悩は消えて行きます。

逃げるから再体験となるだけです(笑)

楽しいことはめちゃ楽しめば良いし、苦悩は体験すれば消えます。

人生はただそれだけの気がします。

「人生は映像を見ているだけ」とはどういうこと?

水を思い浮かべてください。

冷やせば(波動を下げれば)、氷となり固体となります。

逆に、熱を加えると(波動を上げれば)、蒸発し水蒸気となります。

氷を触れば、冷たく、その硬さが肌に伝わって来ます。

水蒸気になれば、肉眼で確認出来ません。

水も、波動によって、見え方や感じ方が変わって来ます。

そこから考えれば、目の前に見えるものも消える可能性があります。

端的に言えば、私達が肉眼にみているのは、波動を下げた状態のものです。

波動を上げれば消えてしまいます。

正確な表現ではないですが、そう考えれば、目に見えるもの映像と受け入れやすくなります。

実際には存在しない相手や出来事に振舞わされるということは、めちゃ損な気がします。

自分に合わない人、意見が違う人、ネガティブな出来事に振り回されるだけ損です。

全ては体験です。

体験してしまえば良いようです(^^♪

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑