YouTube「9歳、宇宙のしくみを語る」

公開日: 

興味深い動画です。

「9歳、宇宙のしくみを語る」

確かに、僕らは、地面を動きまわるアリのようなものだ。

何かを探して、地球上をうろついている。宇宙から見れば、たかがしれている。行動範囲は限られている。

一方、自分の内に広がる宇宙はやたらと広いし、深い。瞬間的に想ったところへ行ける。

そして、自分の内を探求していると、全ての幸福は自分の内からやって来ていることに気付く。

空から1億円が降ってきた。降ってきた1億円に対し、内なる心が反応し幸福を感じる。幸福は内からやって来る。

大好き人に映画に誘われた。誘ってくれのは人だが、内なる心がが反応し幸福を感じる。幸福は内からやって来る。

「あーー、疲れたーー。仕事頑張ったし、ちょっと寄り道して帰ろうか?美味いビールが飲みたい!!」

そんな時に、「飲んでいかない?」と誘われた。

「好感を抱いている異性と飲む温いビール」と「大嫌いな上司と飲む冷えたビール」とどっちが美味いか?

たぶん、温いビールだろう。

前者は心が幸福を感じるから、ビールだって美味くなる。

こう見て行くと、心がどう感じかで、幸福かどうかが決まっているのが分かる。

何かを求めて外の世界をさまようより、自分の内にある幸福を探求した方が断然面白いと俺は思う。

それに、明確な答えとも出くわす。

幸福どこにあるのか?

愛はどこにあるのか?

幸福や愛は、どこかへ出掛けていって見つけるものではなく、内に眠っているものだと思う。

しかし、自分の内に眠っている幸福や愛には、ネガティブな想念が積もっている。

だから、幸福や愛が見えない。

箒とちりとりを持って来て、ネガティブな掃除するのが幸福への近道だ。愛を知る近道だ。

ネガティブな想念を掃除すると、幸福が顔を出す。

幸福を感じる秘訣は、心の掃除だと思う。

愛を感じる秘訣も、心の掃除だと思う。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑