宇宙創造主(神)と共に生きる秘訣

公開日: 

Woman stands in praise before a beautiful night sky.

宇宙創造主は執着を手放せと言っているが、生活を手放せとは言っていない。

生活を放せば、物質的に豊かさを失い、精神的にも貧しくなる。

ここは魂の修行者の間違いやすいところだ。知識では分かっていても、現実では出来ていなかったりもする。

スポンサーリンク

「お金を稼ぎたい」と思ったとする。

宇宙創造主は「お金を稼ぎたい」という執着を手放せと言っているが、「お金を稼ぐな」とは言っていない。

「聖地へ行きたい」と思ったとする。

宇宙創造主は「聖地へ行きたい」という執着を手放せと言っているが「聖地へ行くな」とは言っていない。

想念を捨てるところがポイントだ。

すなわち、洗心でいう「我を折り」であり、宜しからぬ慾を捨てることだ。

人には想念がある。

次々に想念が湧いてくる。

「◯◯がしたい…」という思いが湧く。

これを徹底的に捨ててみる。

すると、最後に本当の想いだけが残る。これを現実に行動に移すようにする。

すると、自我と宇宙創造主(神や宇宙意識のこと)と共に行動するようになる。自分の宇宙がまわり、地球での役割も自然とこなせる。

宇宙は物凄くシンプルな仕組みだ。複雑にしているのは人間だ。

もし、少し難しければ、徹底的に手放すことだけ考えることだ。行動へ移すことではなく、思い捨てることに集中してみる。

「必要かどうか?」と迷ったら、とにかく捨ててみる。行動の断捨離だ。

「間違えて捨てて困ってみる」くらいの気持ちで丁度良いかも知れない。

執着と一緒に行動を捨ててみる。ついでに、執着と一緒に要らない物も片付ける。

心配しないでも、必要なものは必ず残る。

全て捨て去った向こう側に、実は全て揃っていたという世界がある。

これが宇宙創造主と生きるということだ。

幸せを感じる秘訣だ。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑