霊視とチャネリングを信じる?メッセージの嘘を見極めろ!!

公開日: 

1357599443

波動の高い人は、他人を霊視などしません。

相手の自由意思を尊重しているし、それが相手の学びを奪うことと知っているからです。

また、自分というフィルターを通すということもわきまえています。

だから、他人を霊視したり、他人へ向かって過去世がどうのとか?そういうことは言いませんね。

そういうことを言う人は、邪悪なものに憑依されています。

その人が霊視したメッセージを信じれば、その人が邪悪なものにコントロールされるようになります。

「地球のために役割を果たそう」などと高い志を持っていても、いつの間にかに、まったく別の方向へ進んでいたりします。

ライトワーカーが陥りやすい罠が、ここに仕掛けられています。

信じるべきは、自分の内にいる神のみです。

過去世を知りたい、見えない世界を追求したい気持ちはわかりますが、霊視には頼らないことです。

地球での役割を果たす目的では、霊視は不要です。

スポンサーリンク

チャネリングは信用できるのか?

次に、チャネリングについてです。

チャネリングは、基本、本人が使うものです。

本人がその情報を知り生活の中で実践し、その体験などの話は良いと思います。

体験を含ものは他人の参考となります。役立つ情報となり、情報を受けた方の進化へとも繋がります。

しかし、言葉だけのメッセージや知識のみのメッセージは、他人を無闇にコントロールすることとなります。

霊視の場合と同様に、そのメッセージを信じれば、邪悪な宇宙の存在にコントロールされるようになります。

他人を迷わせ、不安を与えることもあり、世を汚すこととなります。




[PR]ココロパレル

予言と予言は違う、預言はOKだと思う

チャネリングや霊視の中には「予言」と「預言」があります

予言とは、未知のことを確信もなく語ったメッセージです。「宇宙から◎◎なメッセージが降りて来た」「前世で◎◎だった」「富士山が噴火する」「大地震が起きる」「宇宙人が現れる」など信憑性に欠け、現実に活かせないメッセージです。

「前世を知ったからと言って、それが何なの?」的な内容のものです。

酷い人になると、恋愛の口説き文句に使う男性もいました。

「君と僕は前世は夫婦だった」「君は僕のツインソウルだ」などです。

それに対し預言は、神から預かったメッセージです。あるいは、その人の後ろについている方から預かったメッセージです。

親しい間柄や縁ある間柄で、預言をチャネリングで降ろしたり、霊視として伝えることがあります。

本人が自分を見失っている場合などに、信頼できる関係で預言を伝えることはあります。

この場合は、しっかりと現実を伴う内容となります。具体的な内容です。

それを生活の中で実践することで、きちんと結果が出ます。幸福や豊かさが確実に増します。

偽り霊能者や偽りチャネラーに注意しろ!!

現在、偽り霊能者や偽りチャネラーが増えています。

そして、偽り霊能者や偽りチャネラーほど、最もらしい顏をして近付いて来ます。

オレオレ詐欺と一緒です。一見、真実に見えますが、実態は逆だったりします。

メッセージを受ける側は、そこをしっかりと審神することです。

※審神(さにわ)とは、自分で正邪をしっかりと見極めることです。

基本、これからは皆がチャネラーになる時代です。

自分の内側へ意識を向けて、外側を頼らずに生きていく時代です。そこを肝に銘じましょう。

自分の神の問いかければ、必ずこたえてくれます。

もし、霊視者やチャネラーと接する場面があれば、しっかりと審神することです。

スポンサーリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 魔法の鏡 より:

    今まで何度も占い師にチャネリングを依頼しては、相手の気持ちと信じ翻弄されていました。
    チャネリングとは本来、そういうものではないのですね。
    いい勉強になりました。

    • nori より:

      コメント有難うございます。これから自分がチャネラーになる時代です。他人に依存すると嵌ります。あくまでも内なる自分が大切です。他人(信頼できる)はコーチのように捉えると良いと思います。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑