洗心日記

日々の気付きと出来事を綴っています。

『神の名は。』

   

1357599443

昨年、映画『君の名は。』を見た。最高に良かった。

肉体の宿った僕らにとって、「君は誰か?」ということは最高に重要なことだ。

誰とパートナーと組み、陰陽和合を結ぶか、全てがそこで決まる。

誰でも良いというわけのいかない。

合わない交わりは、お互いに波動を落とすことになり、地球の波動も落とす。

映画『君の名は。』では、陰陽の和合を男性と女性の入れ替わりで表現をしていた。

三葉と瀧でなければ意味がない。

他では駄目だ。

現実で君の名に拘ることは重要だ。

その拘りが生きる醍醐味とも言える。

スポンサーリンク

話を本筋に戻す。

「神の名は。」はどうか?

最近、これがどうでも良くなって来た。

神は意識体だ。

肉体を持たない。

なので、Aという神とBという神が場を共有すると重なってしまう。

人間がその光景を見ると、その状態をA神と感じる人もいれば、B神と感じる人もいる。

また、重なった部分に反応して、C神と感じる人もいる。

人間がやってしまうのは、「どの神がどうか?」という論争だ。

「Aだ。いや違うBだ。何を言ってんだよ、Cに決まっている。」とやる。

これ何の意味もない。

争いの波動を生み、地球の波動を下げることになる。

神の名は、どうでもいい。

僕は神社を参拝する時は、鳥居の前で合掌する。「参拝に来ました。宜しくお願いします。」と心の中で唱える。

そして、自我を折り、全てを委ねる。お願いことをはしない。

すると、神が引っ張ってくれる。神と向かい合うことになり、自然な形で神との交流が始まる。

そのまま、あるがままの姿でいると、神が「おー、よく洗心しているのー。この波動を使ってみろ!」をいう感じ、その神の波動が体に入ってくる。波動を授かることになる。


そして、参拝を終える。



[PR]ココロパレル
今僕らが生きている現実の世界で見えるものは、内なるものの投影である。

外に見えるものは、自分の波動にあったものを引き寄せている。

なので、起きることは自分が起こしている。

全て自己責任だ。

誰の責任にもできない。

神社参拝し、神から波動を授かると、一時的に自分の内側の波動が変わっている。1レベル高まっている。

当然、外側も変わる。1レベル上の出来事が起こる。それは、得てしてそれは問題ごとだったりする。

「さあ、どうやってこの問題を解決するか?」

神はそこを見ている。

俺は、頭と体を使って必死に頑張る。

そして、無事に問題ごとを解決する。すると、1レベル上の波動が身に付いていることに気付く。

また神社に呼ばれる。いつものように参拝すると、また神が現れる。

「おー、良くやったな。今度はこの波動を使ってみろ!」という感じで、また1レベル上の波動を授かる。

そして、参拝後の日常の中で問題ごとを解決する。

この繰り返しだ

僕にとっての神はこんな感じで、神の名は、僕だけの世界の話だ。

僕の中では、どの神からどんな波動を授かったかということは意識しているが、他の人と神の名を論じることはしない。

神社へ複数の人でいけば、それぞれ違った神が対応することもあるし、祭神と違う神が出てくることもある。

神の名は、あまり重要ではない。

僕が言いたいことは、神の名を探索するより、受けた波動をどう使うかということの方が重要だということだ。

「どの神社にどの神が宿っている…」、「○○という神からメッセージが降りた…」、そんなのどうでもいい。

君の名には拘るが、神の名はどうでもいい。授かる波動、授かるメッセージにこそに興味がある。

どんな神と出会い、どんな波動を授かるのか、それが神社巡りの醍醐味だ。

スポンサーリンク




 - my日記 ,