行動の断捨離の効果は?「迷ったら止める」を実践してみると…

公開日: 

1352161597

「どうしようか?」「どっちにしようか?」と迷ったら、止めることにしています。

迷ったまま、行動に移すのをとにかく止めます。

あるいは、ちょっと横に置いてみます。次のタイミングで決断します。

「迷ったら止める」、たったこれだけのことですが、これを心がけていると、余計なことをしないで済みます。

余計なことすれば、悪い結果を招きます。

災いのもとです。

藪を突けば蛇が出て来ます。

人間、叩けば埃が出るだけです。

余計なことは止めましょう。

決断を出来ないということは、「選択が違っている」という神様からのメッセージです。

決断が出来ないということは、「今じゃないよ!」という神様からのメッセージです。

迷ったら止めます。

迷ったら止めます。

とにかく、迷ったら止めます。

逆に、「これだ!!」と思ったことだけ行動に移します。

行動の断捨離です。

生きるのがシンプルになり、続けていると楽しくになります。

スポンサーリンク

買い物にも役立ちます。

「買おうか?どうしようか?」と迷ったら、買うのを止めます。

買わずに帰って、「本当にほしい」と思ったら買うというスタンスが良いですね。

これを実践していうと、興味のある事実に気付きます。

買わずに帰ると、「やはり、買わなくて良かった」ということの多さに気付きます。

人間、無駄遣いをしているものです。

このお金を貯金に回せば、結構お金が貯まります。

お金が貯まると、金運が舞い込んで来ます。

「貯金=金運」です。

金運が豊かさを引き寄せます。

迷った止めるは、豊かになる基本かもしれません。

慾は一時です。

「買いたい」という慾を一時我慢してみてください。

一時の慾は我慢する、スッーーーと引いて行きます。

「やはりいらなかった…」と体験を沢山できます。




[PR]ココロパレル
さらには、ダイエットにも役立ちます。

仕事の途中にコンビニなどに入ると、「これ食べたい!!」と衝動的に買おうとしてしまいます。

とにく、レジ前の商品とかスイーツなんて、その対象ですね。

「食べたいけど、でも、食べたら太るな…、どうしようか?」と迷います。

迷ったら止めることです。

食欲というのも一時です。

一時、強い食欲を感じますが、グッと我慢するとスッーーーと引いて行きます。

少しすると、「やはり食べないで良かった」ということになります。

「迷ったら止める」は、禍を退け、財を招く効果があります。さらにはダイエット効果もあります。

こんな便利なものはありません。

スポンサーリンク




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑